穴馬 予想

桜花賞 穴馬は? ジョワドヴィーヴル 考察

更新日:

スプリングSは無料メルマガ推奨穴馬11番人気ロジメジャーが3着に激走!!

フィリーズレビュー8番人気ビウィッチアスが2着、中山牝馬S7番人気オールザットジャズが2着に入り、4週連続穴馬激走!!

重賞レースの穴馬はレース当日の午前配信。

「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)

ジョワドヴィーヴル
※ 下記はチューリップ賞時の考察

「父ディープインパクトに関しては説明不要であろうが、母ビワハイジは阪神JFを勝ち、繁殖牝馬としてもブエナビスタを出したが、いわゆる超良血。

全兄にプリンシパルSやアイルランドTを勝ったトーセンレーヴがいるが、トーセンレーヴは骨格などをみると母方のカーリアンなど特徴が出ている。

この馬は父系のサンデーサイレンスやディープインパクトの影響が強く出ており、非凡な瞬発力を感じさせる。

前走阪神JFでは背中のラインやつなぎの柔軟性、全体のバランスなど持っている能力が高く、G1レースでも好走可能と判断して本命に推した。

半姉ブエナビスタは、2歳時は他の馬と比較すると完成度が低く、3歳冬に大幅な成長をみせた。

ブエナビスタと比較すると、この馬の方が完成度は上であったが、胸前などを中心にまだ筋肉がつききっていなかった。

前走時に、「3歳春頃によくなるのではないかと感じる」とお伝えしたが、昨年の暮れと比べると全体のボリュームが増しており、大幅な成長を感じさせる。

休み明けの分、皮膚一枚厚いという感じではあるが、スピードを中心に能力的な上積みは大きく、この状態であれば、ある程度先行する競馬も可能。

ブエナビスタは薄手な体型で瞬発力に特化した体型をしており、この馬も手脚の長さや後肢のつくりから決め手で勝負をするタイプであるが、全体のボリュームからどちらかというとスピードタイプに出ている。

姉よりもやや短めの距離に適性があり、1600mから2000m辺りがよく、当日は回復するであろうが、前残りになりやすいパンパンの良馬場よりも、決め手が生かせる馬場になる点も追い風。

かなり人気を集めることが予想されるが、太めもなく、条件や能力から高い評価が必要。」

重賞レースの穴馬は無料メルマガでお届けしています。

「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)

スプリングS 11番人気3着 ロジメジャー
フィリーズレビュー8番人気2着 ビウィッチアス
中山牝馬S 7番人気2着 オールザットジャズ
オーシャンS 5番人気2着 グランプリエンゼル
中山記念 7番人気2着 シルポート
アーリントンC 6番人気3着 アルキメデス
東京新聞杯 8番人気1着 ガルボ
日経新春杯 8番人気3着 マカニビスティー
シンザン記念 9番人気2着 マイネルアトラクト
有馬記念 9番人気3着 トゥザグローリー
ステイヤーズS 6番人気2着 イグアス
ジャパンカップ 14番人気3着 ジャガーメイル
アルゼンチン共和国杯 8番人気3着 カワキタコマンドなど激走!!

まぐまぐでお届けしているため、ねつ造はありません。

バックナンバーをご確認ください。

-穴馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.