穴馬 予想

桜花賞 穴馬は? サウンドオブハート 考察

更新日:

スプリングSは無料メルマガ推奨穴馬11番人気ロジメジャーが3着に激走!!

フィリーズレビュー8番人気ビウィッチアスが2着、中山牝馬S7番人気オールザットジャズが2着に入り、4週連続穴馬激走!!

重賞レースの穴馬はレース当日の午前配信。

「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)

サウンドオブハート
※ 下記は阪神JF時の考察

「全体の骨格や手脚の長さなどをみると、父アグネスタキオンの特徴が出ており、距離は1600m1800m辺りが合う。

つなぎの柔軟性からも瞬発力タイプに出ており、後肢のつくりからも決め手を生かすレースが向き、この条件は合う。

また、蹄の形や瞬発力がそがれるという点から、道悪は大きなマイナスに可能性がある。

馬体をみる限り能力的に重賞レベルにあるが、そこまでバランスがいい馬ではなく、父がもっていた柔らかさもないため、それほど高い素質は感じられない。

前走芙蓉Sでは最速の上がりをマークして勝利しているが、過去芙蓉Sで結果を残し、その後重賞などで活躍した馬をみると、2010年1着ホエールキャプ
チャ(34秒8)、2010年 2着オルフェーヴル(34秒5)、2006年 1着ドリームジャーニー(34秒0)などが、G1レースで活躍している。

特典レポート「レベルの高い2歳馬判別データ」でも触れたとおり、上がり3ハロン34秒台で連対という共通点があるが、この馬も上がり34秒2という時計で勝利。

ただ、先述した3頭が出走していたレースのその他の馬の上がりをみると、35秒台という時計。

今年の芙蓉Sは、前半800mの時計が48秒4と例年より1秒以上遅く、その他の馬の上がりも速かったため、特筆するレベルではなく、並みよりもやや高いといったレベル。

2戦2勝と底をみせていないため人気になっているが、1番人気は評価に見合わないと感じる。」

重賞レースの穴馬は無料メルマガでお届けしています。

「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)

スプリングS 11番人気3着 ロジメジャー
フィリーズレビュー8番人気2着 ビウィッチアス
中山牝馬S 7番人気2着 オールザットジャズ
オーシャンS 5番人気2着 グランプリエンゼル
中山記念 7番人気2着 シルポート
アーリントンC 6番人気3着 アルキメデス
東京新聞杯 8番人気1着 ガルボ
日経新春杯 8番人気3着 マカニビスティー
シンザン記念 9番人気2着 マイネルアトラクト
有馬記念 9番人気3着 トゥザグローリー
ステイヤーズS 6番人気2着 イグアス
ジャパンカップ 14番人気3着 ジャガーメイル
アルゼンチン共和国杯 8番人気3着 カワキタコマンドなど激走!!

まぐまぐでお届けしているため、ねつ造はありません。

バックナンバーをご確認ください。

-穴馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.