穴馬 予想

桜花賞 予想 穴馬の特徴は?

更新日:

桜花賞・人気薄の調教推奨馬を競馬ブログランキング(←備考欄)へ更新

大阪杯Sは無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)でお届けした穴馬6番人気トウカイパラダイスが2着に!!

[ニュージーランドT 穴馬好走要因]

2012年12番人気3着ストーミングスター:穴馬推奨。過去の穴馬の傾向に符合。内枠から2番手を追走し、前半47秒8、後半47秒0とペースが落ち着いたが、展開の恩恵も大きかった。

2008年6番人気1着サトノプログレス:このレースと同じ中山芝1600mで2勝しており、適性の高さが好走の要因で不当に評価が低かった。

2007年11番人気1着トーホウレーサー:血統などからパワーが要求される条件が合ったようで、3枠6番から先行してスムーズなレースが出来たことも好走の要因。

2007年16番人気2着マイネルフォーグ:このレースの後、2けた人気で3回馬券に絡んでいるムラ馬。前走で休み明けのレースをつかわれての上積みもあった。

2006
年7番人気2着ファイングレイン:近2走のレースで敗れていたが、前走、前々走はいずれも1800mのレースで距離短縮が好走の要因。1000m通過が1
分1秒5とペースが落ち着く中を逃げて展開の恩恵もあったが、3走前のあけび賞(500万条件)でも2着に0秒4差をつけて勝利しており、能力の片鱗もみ
せていた。

2005年11番人気2着イヤダイヤダ:前走500万条件の雪割草特別(500万条件)を勝利しており、1600mのレースでも勝利があったが、何故か人気がなかった。

2003年8番人気2着ギャラントアロー:前走1200mの重賞レースであるクリスタルCでも2着と好走しており、能力の裏付けがあったが、距離が嫌われていたよう。ただ、1600mでも2着があった。

2003年7番人気1着エイシンツルギザン: 1200mまでの距離でしか実績がなく、前走初距離の1400mで敗れており、父サクラバクシンオーという血統から距離が疑問視されたようだが、前走は後手を踏んでおり、力を発揮出来ていなかった。

[阪神牝馬S 穴馬好走要因]

2012年11番人気クィーンズバーン:例年より1秒近く遅いペースで推移し、まんまと逃げ切る形に。前走1600万条件で3着に敗れて人気が下がっていたが、この条件が合い、前々走も京都牝馬Sで5着なら悪い結果ではなかった。

2011年7番人気2着アンシェルブルー:前走洛陽Sは人気を裏切ったが、休み明けで体重も増えていた。レースをつかわれた上積みがあり、日程変更により中山牝馬Sが一週前に行われ、例年よりもメンバーのレベルが低かったことも影響している。

2010年9番人気1着アイアムカミノマゴ:11月以来のレースも鉄砲が利く馬で体重増もなかった。前走OP特別のオーロCで2着に0秒2差をつけて快勝しており、人気がなさ過ぎた。

2010年10番人気3着カノヤザクラ:前年のスプリンターズSで重賞3勝という実績。前走高松宮記念は半年振りのレースでプラス6キロ。1400mでもOP特別を含む2勝があり、レースをつかわれた上積みなどを考えると、あまりに軽視され過ぎていたと言わざるをえない。

2009年7番人気1着ジョリーダンス:前走阪急杯は前残りのレースで休み明けであった。レースをつかわれての上積みがあり、この週はダンスインザダーク産駒が非常に結果を残していたが、馬場状態なども合ったよう。

2008年9番人気3着パーフェクトジョイ: 1600m1800mをつかわれており初めての1400mが嫌われたが、阪神コースで3勝していた。休み明け3走目で走り頃でもあった。

2006年8番人気3着スナークスズラン:上位2頭はG1馬で決着。道悪はあまりよくない馬のようだが、前走阪急杯も13番人気ながら4着と好走。この週はかなり外枠有利の傾向がみられ、7枠10番と外に入っていた事も好走の要因。

[桜花賞 穴馬好走要因]

2013年7番人気1着アユサン:阪神JFでは腹のラインにやや余裕を感じさせたが、ここではマイナス12キロと体重が減り、阪神JF時よりも引き締まって状態の良化が最大の好走要因。

2010年11番人気3着エーシンリターンズ:上位3頭のうち2頭はキングカメハメハ産駒。勝ち味に遅いタイプで3着に終わったが、前走8番人気3着のチューリップ賞、11番人気で勝利した前々走エルフィンSに続く激走。

2008年15番人気エフティマイア:寒い時期はよくない馬のようで、季節的なもののも大きく影響したよう。人気上位の馬はいずれも大幅な体重増や体重減があり、馬群に沈む結果に。

2007年7番人気2着カタマチボタン:土曜日曜と阪神の芝のレースでダンスインザダーク産駒が大暴れしており、血統的なものが好走の要因。中盤息の入る流れで2枠3番から先行したことも大きかった。

重賞レースの穴馬は考察とともに無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)でお届けしています。

※ 下記はお届けした穴馬。昨年下半期はほぼ休刊させて頂いておりました。

大阪杯 6番人気2着 トウカイパラダイス
中山牝馬 10番人気2着 ケイアイエレガント
東海S 8番人気3着 マイネルバイカ
ローズS 10番人気3着 ウリウリ
中京記念 13番人気2着 ミッキードリーム
函館2歳S 9番人気2着 プラチナティアラ
安田記念 12番人気3着 ダノンシャーク
NHKマイルカップ 8番人気3着 フラムドグロワール
京都新聞杯 11番人気3着 ジャイアントリープ
京都新聞杯 9番人気2着 ペプチドアマゾン
青葉賞 7番人気2着 ヒラボクディープ
弥生賞 10番人気2着 ミヤジタイガ
クイーンカップ 8番人気3着 ジーニマジック
日経新春杯 10番人気1着 カポーティースター
有馬記念 10番人気2着 オーシャンブルー
阪神JF 15番人気2着 クロフネサプライズ
カペラS 8番人気3着 シセイオウジ
ステイヤーズS 8番人気1着 トウカイトリック

Twitter(←フォローお返ししています)へ多くの読者の方から、的中報告(←コチラ)を頂戴しました。

-穴馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.