穴馬 予想

根岸S 予想 ダノンカモン 考察

更新日:

根岸Sと京都牝馬Sの穴馬分析はツイッター(←クリック)で更新していきます。

重賞レースの穴馬は無料メルマガバックナンバーでご覧ください。

「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)

日経新春杯 8番人気3着 マカニビスティー
シンザン記念 9番人気2着 マイネルアトラクト
有馬記念 9番人気3着 トゥザグローリー
ステイヤーズS 6番人気2着 イグアス
ジャパンカップ 14番人気3着 ジャガーメイル
アルゼンチン共和国杯 8番人気3着 カワキタコマンドなど激走!!

まぐまぐでお届けしているため、ねつ造はありません。

ダノンカモン
※ 下記はJCダート時の考察

「胴が長めで重心がやや低い点はスプリンターズS2着のエイシンワシントンと通じる部分があり、母の父オジジアンの影響が出ていると考えられ、体型をみるかぎりは小回りコースにも対応出来る。

2000mまでは充分対応できそうだが、実績が1600mまでにとどまるのは気性的な部分に問題があるためか。

上半身と下半身のボリュームが均等に近く基本的に先行していい馬で、つなぎのつくりなどからも平均ペースのレースが合うが、後肢のつくりなどをみると脚質やコースはそこまで問わないタイプのよう。

以前から改善あるいは良化の余地があるとお伝えしてきたが、この春と比べると筋肉がついてきて、地力が上がっており、それがマイルCS南部杯2着などの好走に結びついている。

つなぎの角度がやや寝ている点などをみると、地方の競馬場よりも中央のコースの方が適性が高く、骨格などをみるとパワータイプに出ている。」

京都牝馬SとシルクロードSの穴馬の特徴はもうひとつの無料メルマガでお届けしました。

バックナンバーでご覧下さい。

こちら(←PCの方)か、こちら(←携帯の方)でご覧下さい。

-穴馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.