穴馬 予想

東海S 考察 トランセンド

更新日:

穴馬は明日「重賞激走穴馬!!」(←クリック)でお届けする予定です。
PCの方はコチラ(←クリック)
トランセンドは前走アンタレスSで1番人気ながら8着に敗れた。
今回もある程度人気になると思われるが、前走は明確な敗因があり参考外として扱うべき。
※ 下記はアンタレスS時の考察
「昨夏みたときは、前肢のボリュームが勝ちながら、腹のラインが直線である点などから母の父トニービンの影響が強いと思われたが、かなり体型が変わった印象。
前後肢のボリュームのバランスが均等に近くなり、父ワイルドアゲインの影響が出てきたと思われる。
そういった点から先行する競馬の方が持ち味は生きるが、それほど心肺機能が強いタイプでないため平均位のペースが合う。
手脚の長さなどからも馬体のタイプはサクセスブロッケンなどと共通するが、こちらの方がよりスピードのベクトルに出ている。
そのため、ダートであれば湿った馬場や、時計の出る東京や京都の方がよく、平坦コースも合う。
距離は2000m以上の距離も持ち、体型からどちらかというとコーナーが2回のみのコースなどの方が合うと思われる。
先行馬であるがペースが落ち着いたレースは持ち味が生きず、エルムSはその点が敗因で、武蔵野Sは距離が少し忙しかった。
その2レースを除けば底をみせておらず、やはり能力は高く、前目の位置で競馬が出来る点や斤量が56キロという点も評価が必要。
ただ、今回7枠12番と外枠に入った点は大きなマイナス材料となる可能性があり、その点から人気馬との組み合わせは割に合わないと感じる。」
サンテミリオンなどオークス出走予定馬の考察は裏サイト(←パスワードを入力下さい)に更新しました。
パスワードのみ入力で閲覧可能です。
数字4ケタのパスワードはランキングで。
人気ブログランキングへ
順位は左サイドバーでご確認ください。
なお、当ブログ次回更新時にパスワードは変わります。
コメント等はツイッター(←コチラ)へお願いいたします。

-穴馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2020 All Rights Reserved.