穴馬 予想

東京新聞杯 穴馬

更新日:

1日1回のクリック協力をお願い出来れば幸いです。

にほんブログ村 トラコミュ 重賞・メインの予想へ
重賞・メインの予想

東京新聞杯で人気になると思われるが軸は避けたい馬は人気ブログランキング(←現在90位くらい)へ更新。危険な人気馬になる可能性も。
状態のいい馬はFC2 Blog Ranking(←現在80位くらい)へ更新。
※ 下記は東京新聞杯の穴馬の考察
馬体のフォルムをみると、同じキングカメハメハ産駒のフィフスペトルに似ている印象であるが、本質的にはマイラーで母方にロベルトが入っている点なども類似している。
通常短距離馬はごつさ故に馬体に窮屈な部分がある馬が多いが、バランスが非常にいい点も共通している。
やや胴が短めであるがつなぎの長さなどからフィフスペトルよりもこちらの方が距離延長に対応でき、1600mから2000m辺りの距離に適性がある。
昨春の時点でまだ筋肉がつき切っておらず完成度は低かったが、能力的にはG1レースで善戦をしてもおかしくないだけの素材。
ただ、この馬の適性に合うG1が古馬のレースでない点は問題。
丸みのある身体のラインからも先行して押し切る競馬が合い、骨格や全体のつくりをみても坂のあるコースにもある程度対応可能。
つなぎの角度や、やや手脚の長い点などから広いコースの方が向く馬で、脚質的には先行する競馬も差す競馬もできる。
現在ほとんど人気もないようで、ヒモで狙ってみたい。
その穴馬ときさらぎ賞の穴馬は後ほどメルマガでお届け。
無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)
無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PCの方)
小倉大賞典は推奨穴馬スマートステージ(10番人気)が惜しくも4着。
アメンバー限定記事(←コチラ)では血統や騎手などの情報も更新。
血統騎手情報、G1レース考察は裏サイト(←パスワードのみ入力で閲覧可能)でもご覧頂けます。
数字4ケタのパスワードはJRANK 競馬BLOG (←現在40位)で。

-穴馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2020 All Rights Reserved.