穴馬 予想

有馬記念回顧 次走くる馬こない馬

更新日:

にほんブログ村 トラコミュ 重賞・メインの予想へ
重賞・メインの予想

中山金杯で状態のいい馬は人気ブログランキング(←現在60位くらい)へ更新。
○ 有馬記念 ヴィクトワールピサ
近年のレース時計、前半800m後半800mの時計、そして今年のラップタイムをみると下記のよう。
2010年 ヴィクトワールピサ 2.32.6  前半49.0 後半46.6
6.9-11.4-12.0-12.3-12.7-13.4-13.5-12.3-11.5-12.0-11.7-11.1-11.8
2009年 ドリームジャーニー 2.30.0  前半46.3 後半48.1
2008年 ダイワスカーレット 2.31.5  前半47.2 後半48.3
2007年(稍重) マツリダゴッホ 2.33.6  前半47.6 後半48.8
2006年 ディープインパクト 2.31.9  前半47.2 後半48.2
2005年 ハーツクライ 2.31.9  前半48.6 後半47.8
2004年 ゼンノロブロイ 2.29.5  前半48.0 後半47.5
レース時計をみると、2分32秒台を切る時計の年が多いが、今年は2分32秒6とかなり遅い時計。
例年前半800m47秒から48秒で推移するが今年は49秒0というペースで、例年よりも前半800mの時計が遅く、なおかつ中盤で13秒5近辺のラップを2つも挟む落ち着いたペースとなり、逃げ先行馬に有利な展開となった。
勝利したヴィクトワールピサはジャパンカップの好調を維持していた。
また、展開にくわえて、ブエナビスタの陣営も「枠の差が大きかった」と述べているとおり、枠など様々な点から大きなアドヴァンテージがあったレースとなった。
ブエナビスタも状態を高く評価して本命に推したが、最後の末脚はさすがの迫力で、上がり2位の馬に0秒4も差をつける最速の脚をつかっていた。
もし敗れるとすれば後手を踏んだ場合とお伝えしていたが、やはり位置取りが後方過ぎた点で鞍上も認めているとおり。
このレースは上位3着までを外国人騎手が占めたが、逆に中山コースを熟知している日本人騎手であればこういった結果にはならなかったかもしれない。
今回は人気馬の状態や[重賞データ]でお伝えした過去の傾向から荒れる可能性は低いとして人気2頭で決着したものの3着は14番人気という低評価のトゥザグローリー。
この条件は向き、ペース次第と[前哨戦のポイント]でお伝えしており、ほぼおあつらえむきの流れとなったが、ペースを想定したいただけに印をまわすべきであった。
4番人気ドリームジャーニーは一週前追い切りの内容こそ良かったものの、昨年の宝塚記念や有馬記念のような状態ではなく、5番人気エイシンフラッシュも同様に復調気配であったもののダービー時ほどの状態ではないため、両馬とも馬連の対象から外した。
アメンバー限定記事(←コチラ)ではG1考察なども更新中!!
アメブロ利用者以外の方は裏サイト(←パスワードのみ入力で閲覧可能)でご覧下さい。
数字4ケタのパスワードは人気ブログランキング(←現在60位くらい)で。
重賞の穴馬は無料メルマガでお届け。
無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)
無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PCの方)
おかげさまで読者の方が2000名を突破!!

-穴馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2020 All Rights Reserved.