競馬 予想

有馬記念 穴馬は? ジャガーメイル 考察

投稿日:

朝日杯FSは無料メルマガで推奨したマイネルロブストが2着に好走。

 ジャパンカップ14番人気ジャガーメイルに続き、ステイヤーズSは6番人気イグアスが2着に。

重賞の穴馬はまぐまぐでお届けしています。ねつ造はありません。バックナンバーでご確認頂けます。

「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)

アルゼンチン共和国杯8番人気3着カワキタコマンド、シリウスS5番人気1着ヤマニンキングリー、ローズS10番人気2着マイネイサベル、新潟記念9番人気2着サンライズベガなどが激走!!

ジャガーメイルはジャパンカップで穴馬に推し14番人気3着と激走!!

ジャガーメイル

※ 下記はジャパンカップ時の考察

「父ジャングルポケット、母の父サンデーサイレンスという組み合わせはトールポピー、フサイチホウオー兄妹、ヒカルカザブエなどと同じ。

基本的には先行した方がいいタイプであるが、ある程度の決め手も有している。

それほどスタミナの裏付けがあるタイプではなく、距離は2000mから2400m辺りが最も力を発揮出来る。

昨年の天皇賞(春)では、調教はA評価としたように記憶しており状態もよかったが、先行して上手く流れに乗り、決め手も兼ね備えている点からペースが落ち着いて展開がはまった点が勝利の最大の要因。

近走では後方からレースをしているが、1枠1番と内枠に入った点や、ペースが落ち着く可能性がある点から、先行した方が結果を残せる可能性が高い。

昨年のこのレースでは、4コーナー16番手という競馬をしたが持ち味が生きず、キレ味で勝負をするタイプではないため前半1000m60秒7という落ち着いたペースが致命的となった。

それを踏まえたレースをすることが求められ、この馬にとってはどの位置で競馬をするかという点が最大のポイントとなる。

今年で7歳となり、昨年の天皇賞(春)以来、結果は出ていないが、能力が衰えたことが敗因ではないため、まだ見限ることは出来ない。

広いコースの方が力を発揮でき、長距離にも充分対応可能で、本質はクラシックディスタンス辺りにあるため、ここはほぼベストの距離とコース。

天皇賞(秋)では京都大賞典時よりも絞れていたが、今回はさらに状態面での上積みも感じられる。

現在14番人気とほとんど人気はないが、買う価値のある馬。」

有馬記念の情報や穴馬好走要因はこちら(←クリック)でご覧下さい。

-競馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2017 All Rights Reserved.