穴馬 予想

昨年は穴馬激走 新潟記念 予想 ナリタクリスタル トウカイパラダイス考察

更新日:

クイーンSは10番人気ラブフールが2着に、函館記念8番人気イケトップガンが2着に激走!!

重賞レースの穴馬は無料メルマガで、レース当日午前9時までにお届けいたします。

※ 下記は無料メルマガ
「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)でお届けした穴馬。

クイーンS 10番人気2着 ラブフール
函館記念 8番人気2着 イケトップガン
プロキオンS 12番人気1着 トシキャンディ
函館スプリントS 11番人気3着 ビスカヤ
ユニコーンS 8番人気3着 タイセイシュバリエ
日本ダービー 6番人気2着フェノーメノ
目黒記念 6番人気3着 コスモロビン
京王杯SC 13番人気3着 インプレスウィナー
スプリングS 11番人気3着 ロジメジャー
フィリーズレビュー 8番人気2着 ビウィッチアス
中山牝馬S 7番人気2着 オールザットジャズ
オーシャンS 5番人気2着 グランプリエンゼル
中山記念 7番人気2着 シルポート
アーリントンC 6番人気3着 アルキメデス
東京新聞杯 8番人気1着 ガルボ

ナリタクリスタル
※ 下記は2011年新潟記念(5番人気1着)時の考察

「発達したボリュームや骨太な部分などをみると、母方のペンタイアの影響が強いようで、ペンタイア産駒のマイネルアムンゼンにも似ている。

距離は1600mから2000mが守備範囲で、先行する競馬が合う。

昨年の新潟記念の配信でもお伝えしたが、高い能力を持っており、重賞をいくつか勝てるレベルにある。

昨年のこのレースでは、展開次第で一気に重賞ウイナーの仲間入りも可能とお伝えしたが、前半800mが48秒2とペースが落ち着いた中を先行していてのもので、展開に恵まれた部分もある。

斤量を度外視すれば能力的にここでも1、2を争うものを持つ。」

トウカイパラダイス
※ 下記は函館記念(1番人気4着)時の考察

「薄手で手脚や胴の長い体型は父系のサンデーサイレンスの特徴が強く出ている。

父ゴールドアリュールという血統で、母方にマルゼンスキーが入っているためニジンスキーのクロスがあるが、トップカミングと共通し、馬体もトップカミングとよく似ている。

そこまで能力の高さを持っておらず、物足りなさが残る。

また、状態は悪くないが、函館芝2000mの適性にはいまひとつ疑問符が残る。

今回56キロで出走出来るが悪くない斤量で、好走の可能性はあるものの1番人気という評価は見合わないもの。」

もうひとつの無料メルマガの次回配信ではセントウルS、京成杯AHの情報をお届けします。

「重賞注目馬と穴馬データ」(←PCの方) 「重賞注目馬と穴馬データ」(←携帯の方)

-穴馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2020 All Rights Reserved.