穴馬 予想

日経新春杯 予想 人気馬の考察

更新日:

京成杯出走馬で状態のいい馬を人気ブログランキングへ更新。

有馬記念は無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)でお届けした穴馬10番人気オーシャンブルーが2着に激走!!

阪神JF15番人気クロフネサプライズが2着に、カペラSは8番人気シセイオウジが3着、ステイヤーズSは8番人気トウカイトリックが勝利!!

ツイッターにて多くの無料メルマガ読者の方から的中報告(←コチラ)を頂戴しました。ありがとうございます。

こちらがアカウントになりますので、お気軽にフォロー下さい。フォローをお返ししています。 

トウカイパラダイス
※ 下記はアルゼンチン共和国杯時の考察

「薄手で手脚や胴の長い体型は父系のサンデーサイレンスの特徴が強く出ている。

前々走の函館記念(4着)では1番人気と評価が高かったが、この馬に合わないと判断し馬券の対象から外した。

前走新潟記念は8枠17番と外枠に入り、勝ち馬の上がりが32秒3とスローの瞬発力になったことが災いしたのかもしれない。

今回と同じ距離、コースで行われる目黒記念でも2着と好走しているが、その点からも適性を感じさせ、その時と同じような展開となれば面白い。

今回は約2ヶ月振りの休み明けのレースとなるが、太めは感じさせず、鉄砲実績もそれなりにあり、現在9番人気という評価で面白い馬。」

ムスカテール
※ 下記はアルゼンチン共和国杯時の考察

「首さしの太さをみると、父マヤノトップガンの特徴が出ている。

現在の馬場状態やペースを考えると、先行出来る点は好材料。

もう少し絞れている方がいいが、体調自体は申し分なく、評価が必要な1頭。」

ダコール
※ 下記はオールカマー時の考察

「父ディープインパクトという血統であるが、骨太で容量のある体型をみると、母の父アンブライドルドの特徴が出ている。

即座に重賞レベルと断言できるほどの素質は感じないが、状態もまずまずといった感じ。」

メイショウカンパク
※ 下記は京都大賞典時の考察

「丸みを帯びた身体のラインなどは父グラスワンダーというよりも父の父ロベルトの特徴が出ており、グラスワンダー産駒のアーネストリーなどと比較すると、パワーにベクトルが傾いていないタイプ。

後肢などをみても決め手を生かすレースが合う。

重賞を勝てるだけの能力はあり、人気上位の馬に休み明けや能力的な減退の可能性がある馬もいる点から狙ってみたい。

今回のようなコースの方が力を発揮できる。」

オールザットジャズ
※ 下記はクイーンS時の考察

「上半身のボリュームが発達した点や、丸みを帯びた身体のラインや胴の短さは父タニノギムレットに似ており、その特徴が出ている。

前走時は毛ヅヤが良好で、皮膚の質感からも体調のよさが伝わり勢いを物語っていたが、今回もそれ以来のレースとなるが仕上がりは決して悪くない。

うまく前目の位置でレースが出来れば好走の可能性があるが、近そのレースをみる限り、どの辺りの位置取りでレースをすすめるかは微妙な部分がある。」

フェアリーSと日経新春杯と京成杯の穴馬は、レース当日午前8時頃、無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)でお届けします。

※ 下記は無料メルマガの配信でお届けした穴馬

有馬記念 10番人気2着 オーシャンブルー
阪神JF 15番人気2着 クロフネサプライズ
カペラS 8番人気3着 シセイオウジ
ステイヤーズS 8番人気1着 トウカイトリック
アルテミスS 7番人気3着 ウインプリメーラ
菊花賞 7番人気3着 ユウキソルジャー
京都大賞典 5番人気1着 メイショウカンパク
スプリンターズS 9番人気3着 ドリームバレンチノ
新潟記念 10番人気2着 タッチミーノット
小倉2歳S 7番人気3着 ラヴァーズポイント
クイーンS 10番人気2着 ラブフール
函館記念 8番人気2着 イケトップガン
プロキオンS 12番人気1着 トシキャンディ
函館スプリントS 11番人気3着 ビスカヤ

もうひとつの無料メルマガでは、穴馬の特徴や調教考察などの情報をお届けしています。

「重賞注目馬と穴馬データ」(←PCの方) 「重賞注目馬と穴馬データ」(←携帯の方)

[AD]


大荒れ必至のハンデ戦! 第60回 日経新春杯(G2)


過去2年はトゥザグローリー、ルーラーシップというG2では無敵クラスの馬が存在していたレース。

しかし今年は!ルーラーシップ級が不在の大混戦!
下級条件の馬も多数登録しており「この馬でお年玉を」とタイトルを狙っている!

そんな中で最も盛り上がっているのがアノ穴馬。

一部の関係筋の間で「来れば間違いなく高配当だ!」とそのトーンも上昇している!

果たして日経新春杯で“お年玉”となる穴馬Jokerとは?

【日経新春杯】その正体を今すぐ確認せよ

穴馬などお役に立っていれば、一日一回人気ブログランキングのクリックをお願いいたします。

-穴馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2020 All Rights Reserved.