競馬 予想

日経新春杯 予想 ナムラクレセント 考察

更新日:

シンザン記念は推奨穴馬9番人気マイネルアトラクト2着が激走。

今週の穴馬は、「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)で土曜夜か日曜午前8~9時頃お届けする予定。

今週も有馬記念9番人気3着トゥザグローリー、ジャパンカップ14番人気ジャガーメイルのような穴馬をお届けしたい。

ナムラクレセント
※ 下記はアルゼンチン共和国杯時の考察の一部

「ややコンパクトにまとまった体型などをみると、かつて天皇賞(春)や菊花賞を勝ったヒシミラクルと共通点があり、心肺機能が強く本質的に逃げる競馬が合う。

以前に馬体をみた際は胸前にかなり窮屈な部分があったが、その点が解消されてきている。

気性的な成長もあるかもしれないが、馬体面での変化がこの春の結果に結びついており、天皇賞(春)では出遅れが響きながらも挽回して3着というレースであったが内容は上々。

宝塚記念は全体的に余裕を感じさせて状態がひと息であった点が敗因で、ベストの条件でなかった点からも結果を完全に参考外として扱うことが出来る。

今回はかっちりとした引き締まったつくりで、宝塚記念時とは出来に雲泥の差があり、調教の内容をみてもフットワークに柔らかみがあって力を出せる出来にある。

潜在的なスタミナが要求されるレースは向き、後方からレースをする馬が強いレースのため、ペースが落ち着けば条件は合う。

長距離馬にしては、鉄砲が利くタイプ。」

重賞レースの展望と考察、レース回顧はこちら(←クリック)

日経新春杯の穴馬分析はツイッター(←クリック)

京成杯の穴馬分析は「こちら」(←PCの方) 「こちら」(←携帯の方)

-競馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.