穴馬 予想

新潟記念 出走馬の考察 ヤマニンキングリー ナリタクリスタル サンライズベガ

更新日:

重賞レース注目馬は人気ブログランキング(←現在110位くらい)へ期間限定更新。
小倉記念からはヤマニンキングリーとナリタクリスタルが出走。
こちらも前走では両馬とも状態が本物ではなかったため評価を割り引いたが、とりわけ前者は休み明けの点からも危険人気馬になる可能性が高かった。
また、後者は昨年のこのレースの覇者であるが、斤量の面も堪えたよう。
サンライズベガは近走大敗も、今年重賞を初制覇しており、新潟記念では昨年3着、一昨年2着と連続して馬券に絡んでいる。
近走は体重が増えていたことが堪えたようで、絞れているかがポイントとなる。
先週の札幌記念は穴馬コスモネモシンが惜しくも4着という結果だったが、今週も後ほどまた無料メルマガでいい穴馬と有料メルマガの情報や考察を一部お届けしたい。
無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)「重賞激走穴馬!!」(←PCの方)
ヤマニンキングリー
※ 下記は2010年札幌記念時の考察の一部
「2歳時に行われた朝日杯FSでは人気はあまりなかったものの能力はG1レベルと評したが、全体的なバランスも悪くなく、身体の柔らかさもあるため、能力的にはここでもトップレベル。
フットワークの回転が小さくピッチ走法で、平坦コース向きといわれているものの、坂のあるコースも問題なく距離も2000m近辺がベスト。」
ナリタクリスタル
※ 下記は中山金杯時の考察
「体型をみると、母方のペンタイアの影響が強いようで、ペンタイア産駒のマイネルアムンゼンにも似ている。
距離は1600mから2000mが合い、先行する競馬が合う。
前走新潟記念の配信でもお伝えしたが、高い能力を持っており、重賞をいくつか勝てるレベルにあると感じ、展開次第で一気に重賞ウイナーの仲間入りも可能とお伝えしたが展開に恵まれた部分もあることも確か。」
サンライズベガ
※ 下記はAJC杯時の考察の一部
「父アドマイヤベガの産駒は父の現役時代とは異なるタイプの馬が多く、この馬はテンよし中よりしまいよしといったタイプでミドルペースのレースが向き、決め手で劣るため勝ち味に遅い結果となりやすいタイプ。
距離は2000m近辺がベストで坂のあるコースもこなせる。
休み明け2-は1-3-1という成績で1回あった着外も4着と鉄砲駆けする。」
その他の出走馬の考察は無料メルマガでお届けしています。
「重賞注目馬と穴馬データ」(←PCの方)「重賞注目馬と穴馬データ」(←携帯の方)
血統騎手情報、G1レース考察は裏サイト(←パスワードのみ入力で閲覧可能)でもご覧頂けます。
数字4ケタのパスワードはFC2 Blog Ranking(←現在70位くらい)で。

-穴馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2021 All Rights Reserved.