競馬 予想

弥生賞 2017 予想 出走馬考察

更新日:

 

2017弥生賞の穴馬を、競馬 ブログランキング(←現在100位くらい)の紹介文へ更新。

 

 

先週は「重賞激走穴馬!!」(←PC・スマホ) 「重賞激走穴馬!!」(←ガラケー・空メールで登録可))でお届けした阪急杯7番人気トーキングドラムが勝利、中山記念は8番人気サクラアンプルールが2着に激走!!

阪急杯 7番人気1着トーキングドラム
中山記念 8番人気2着 サクラアンプルール
京成杯 7番人気2着 ガンサリュート
フェアリーS 7番人気3着 モリトシラユリ
武蔵野S 8番人気1着 タガノトネール
スワンS 8番人気2着 サトノルパン
セントウルS 9番人気3着 ラヴァーズポイント
新潟記念 9番人気3着 ロンギングダンサー
北九州記念 8番人気1着バクシンテイオー
中京記念 7番人気1着ガリバルディ
マーメイドS 6番人気1着リラヴァティ
安田記念 8番人気1着ロゴタイプ
福島牝馬S 14番人気1着マコトブリジャール
チューリップ賞 10番人気3着 ラベンダーヴァレイ
アーリントンカップ 9番人気2着 ダンツプリウス
ローズS 7番人気1着 タッチングスピーチ
京成杯AH 13番人気1着 フラアンジェリコ
新潟記念 13番人気3着 ファントムライト
札幌2歳S 8番人気3着 クロコスミア
アイビスSD 9番人気2着 シンボリディスコ
函館2歳S 10番人気3着 ヒルダ
ヴィクトリアマイル 12番人気2着 ケイアイエレガント
マイラーズカップ 8番人気1着 レッドアリオン

Twitter(←クリック)では競馬ネタや競馬のニュースを中心につぶやいています。

読者の方から的中報告(←こちら)を頂戴しています。

 

 

ダンビュライト

骨格や首が高い走り方は、父ルーラーシップやドゥラメンテに通じるものがあり、父の父キングカメハメハの影響が強く出ている。

上半身と下半身のフォルムや、手脚の長さやリオンディーズに似ている。走りはまずまずしなやかで、距離延長にも対応力がある。

ペースが上がって上がりのかかるレースとなれば浮上の可能性が増す。距離は1600mから2400mまでこなすはず。

朝日杯FS時に能力を評価し、前走きさらぎ賞の予想の際に評価を下方修正したが、重賞で通用しえる。

また、完成度が低い面もあり、ルーラーシップの仔は馬体ほど走らないか、晩成タイプである可能性があるが、ルーラーシップ自身も晩成タイプであったため、後者である可能性が高い

同じルーラーシップ産駒で新潟2歳S3着のイブキにも高い資質を感じたが、イブキにしても京成杯で敗れている。この馬にしてもよくなるのは、早くて3歳秋で、古馬になってからのように感じる。

3走前のサウジアラビアロイヤルカップで2着に敗れているが、直線で内にささってまっすぐ走っていなかった。後に東スポ杯2歳Sを勝つブレスジャーニーの後塵を拝すが力負けではなく、レース内容からも能力的な裏付けはある。

前々走朝日杯FSは直線で包まれて全く力を出すことが出来なかった。

 

ダイワキャグニー

東京コースで2勝を挙げているが、中山も対応できる。肩の角度などから、距離は2000m近辺が合うと感じたが、3歳馬同士であれば2400mであれば対応できる。

後肢のつくりから前でのレースが合う。今回条件は合う。問題があるとすれば、よーいどんの瞬発力勝負で、その場合は決め手のある馬にやられるリスクがある。

全ての馬に言えることだが、やはりトリッキーでごちゃつきやすいコースである点も不安材料ではある。

 

カデナ

父ディープインパクト、母の父フレンチデピュティという組み合わせであるが、上まずまずキレを感じさせる。この組み合わせにしてはある程度骨格がしっかりしているが、母方のシアトルスルーの影響か。

小回りコースにも対応できる。距離は幅広くこなすと思われ、1600mから2400mまでが守備範囲となる。決め手という武器があり、今後も結果を残していくはず。

今回京都2歳S以来のレースとなる点が気になるところ。能力的には上位にあるが。

 

コマノインパルス

薄手な体型は同じバゴ産駒のビッグウィーク、クリスマスなどと似ており、父の影響が出ているよう。

素質を感じさせるが、問題は同様の印象を持ったバゴの産駒が気性的なものか、日本の馬場が合わないのか、あまり走っていない点。

中距離以上が合う。長距離の適性は微妙で、2000m近辺がいいはず。

脚質はそれほど問わない。前でレースをするとスピード不足で、後方からレースをすると決め手不足の感がある。

葉牡丹賞で2着に敗れているが、勝ち馬は後にホープフルSを勝利するレイデオロで、まだ底を見せていなかった。重賞を勝つ資格や能力を感じさせたが、京成杯ではきっちりと勝利している。

 

グローブシアター

父キングカメハメハ、母シーザリオという血統で、エピファネイアの半弟、リオンディーズの全弟となる。距離に限界があるかもしれない。

馬体は悪くないが、体重が440キロ未満という点がどうか。

 

ベストアプローチ

父はサドラーズウェルズ系、母の父はフォルリの系統。骨格や首の高さ、丸みを帯びたフォルムなどを見ると、母方のシルヴァーホークの影響が出ているか。

上がりの速いレースに対応できるフォルムをしていない点から結果を残しにくい。ただ、距離は2000m近辺が合い、コースも合うため、今回条件はベストに近い。

 

弥生賞のもう1頭の穴馬は無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PC・スマホ) 「重賞激走穴馬!!」(←ガラケー・空メールで登録可))でお届けします。

 

弥生賞、中山牝馬ステークス、フィリーズレビューの穴馬と危険な人気馬の情報は、もうひとつの無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←PC・スマホ)「重賞注目馬と穴馬データ」(←ガラケー・空メールで登録可)でお届けします。

-競馬 予想
-, ,

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2017 All Rights Reserved.