競馬 予想

弥生賞 出走馬の考察

投稿日:

1日1回のクリック協力をお願い出来れば幸いです。

にほんブログ村 トラコミュ 重賞・メインの予想へ
重賞・メインの予想

穴馬は週末に無料メルマガで配信しています。
前回の穴馬配信では共同通信杯の穴馬ユニバーサルバンクが2着に激走!!
きさらぎ賞8番人気2着リキサンマックス、東京新聞杯7番人気2着キングストリートも激走!!
無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)
無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←携帯の方)
無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PCの方)
無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←PCの方)
2つのメルマガを配信。広告のみの配信はほとんどしていません。
今回は弥生賞出走馬の考察の一部をお届けします。
サダムパテックは前走朝日杯FSでは人気をし過ぎていたこともあり、評価を割り引いた。
やはり休み明けとなるため状態次第か。
※ 下記は朝日杯FS時の考察の一部
「全体の骨格とボリュームなどをみると父よりも母の父エリシオの影響が強く出ているようで、ある程度前目の位置での競馬が合う。
[前哨戦のポイント]で触れたが、前走東京スポーツ杯2歳Sは時計の面や2着につけた差などから水準以上の内容であったことが分かる。
出来も申し分なく人気になっているものの評価が必要な1頭であるが、若干まぎれのある条件であるため単勝1倍台はやや過大な評価である気がする。」
ウインバリアシオンは前走きさらぎ賞では本命に推したが出遅れて4着。
対抗トーセンラーが勝ち、穴馬に推したリキサンマックス(8番人気)が2着にきたため、すんでのところで高配当を逃す悔しいレースとなった。
距離延長はプラスとなる。
※ 下記はきさらぎ賞時の考察の一部
「基本的には先行していいタイプで、2000m以上が合う。
毛ヅヤがよく馬体に張りがあって体調は上々であるが、唯一懸念があるとすれば幾分立派に見える点で、出来れば当日の体重をチェックしたい。
首さしなどはすっきりと仕上がっているため杞憂となる可能性は高いが、これにメリハリが出てくれば申し分ない。」
デボネアは前走京成杯(馬連◎▲6600円5点的中)で8番人気と評価は低かったが、▲評価とした。
この条件は向くと思われ、状態を維持していれば。
※ 下記は京成杯時の考察の一部
「調教の動きをみると、大型馬らしくパワフルで中山は向きそう。
調教の内容自体もよく、力を出せる状態にあると感じる。
前走は未勝利とはいえレコードで勝利しており、底をみせていない。
現在8番人気と差して人気はないため、買う価値があり狙ってみたい。」
弥生賞のレース適性の高い馬は人気ブログランキング(←現在100位くらい)へ更新。
弥生賞の状態のいい馬はFC2 Blog Ranking(←現在35位くらい)へ更新。
血統騎手情報、G1レース考察は裏サイト(←パスワードのみ入力で閲覧可能)でもご覧頂けます。
数字4ケタのパスワードはJRANK 競馬BLOG (←現在25位くらい)で。

-競馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2017 All Rights Reserved.