穴馬 予想

小倉記念 予想 穴馬の傾向は?

更新日:

クイーンSは無料メルマガ
「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)でお届けした穴馬10番人気ラブフールが2着に激走!!

※ 下記は配信でお届けした穴馬。

クイーンS 10番人気2着 ラブフール
函館記念 8番人気2着 イケトップガン
プロキオンS 12番人気1着 トシキャンディ
函館スプリントS 11番人気3着 ビスカヤ
ユニコーンS 8番人気3着 タイセイシュバリエ
日本ダービー 6番人気2着フェノーメノ
目黒記念 6番人気3着 コスモロビン
京王杯SC 13番人気3着 インプレスウィナー
スプリングS 11番人気3着 ロジメジャー
フィリーズレビュー 8番人気2着 ビウィッチアス
中山牝馬S 7番人気2着 オールザットジャズ
オーシャンS 5番人気2着 グランプリエンゼル
中山記念 7番人気2着 シルポート
アーリントンC 6番人気3着 アルキメデス
東京新聞杯 8番人気1着 ガルボ

重賞レースの穴馬は無料メルマガ
「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)でお届けしています。

[小倉記念 穴馬好走要因]

2011年15番人気2着キタサンアミーゴ:約3ヵ月ぶりのレースも休み明けはまずまず走る馬であった。後方からレースを勧めたが前半1000m57秒1とペース上がったことが追い風に。

2011年8番人気3着リクエストソング:レースをつかわれて良くなるロベルト系の馬で、前走休み明けをつかわれた効果もあった。京都内回りコースの2000mでも勝利あり、この条件にも対応。

2010年9番人気ニホンピロレガーロ:当日の芝のレースの結果をみると、内枠の馬と外枠の馬がきている極端な結果となっており、8枠18番が追い風に。前々走OP特別を勝ち、前走は重賞で3着と勢いもあった。

2009年16番人気1着ダンスアジョイ:5月以来のレースであったが、休み明けもそれなりに走る馬え、暑い時期のため休養明けもそれほどマイナスにならなかった。

2009年9番人気3着クラウンプリンセス:本質は平坦コースで強いマイラーであるが、道中息が入る展開で前半1000m59秒2、後半1000m59秒1と後半の方が速い流れで、距離が持つ形に。53キロも追い風となった。

2008年11番人気3着ケンブリッジレーザ:前半800m47秒4とそれほどペースが速くなかったが、勝ち馬ドリームジャーニーがまくり、前の馬を早めに捕まえにいく展開。後方からレースをして決め手と52キロが生きる形に。

2007年7番人気2着ニホンピロキース:近3走はいずれも重賞で0秒5差と善戦しており、前年もこのレースで3着と好走しているが、得意な条件に変わったことが大きなプラス材料となった。

2007年10番人気3着アラタマサモンズ:前走1000万条件をしているが勢いがあり、斤量も52キロ。前半800m47秒5とこのレースとしては落ち着いた流れとなり、先行して粘る形に。たたき3走目で上積みもあったよう。

2006年9番人気3着ニホンピロキース:54キロに斤量が減ったことにくわえ、道中11秒台で推移しレコードで決着する淀みない流れとなったことも追い風に。

2004年8番人気3着オースミステイヤー:当日の芝のレースは比較的外枠有利の結果が残っており、このレースも上位を6~8枠の馬が占める結果に。ダートをつかわれ続け、久々の芝のレースで敬遠されていた部分もあるがG2で3着の実績もあった。

2003年9番人気3着グリーンブリッツ:やや重で行われたが、父カーリアンという血統から時計のかかる馬場に強いようで、悪化した馬場で3勝2着2回と
いう道悪巧者。最後の勝利が1400mのレースで距離が嫌われた部分もあるかもしれないが、元々2000m以上のレースで結果を残していた。

重賞レースの穴馬は無料メルマガ
「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)でお届けしています。

もうひとつの無料メルマガの次回配信では関屋記念の情報をお届けします。

「重賞注目馬と穴馬データ」(←PCの方) 「重賞注目馬と穴馬データ」(←携帯の方)

-穴馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2020 All Rights Reserved.