穴馬 予想

小倉大賞典 出走馬の考察

更新日:

東京新聞杯やきさらぎ賞の穴馬は後ほど無料メルマガでお届けします。
無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)
無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PCの方)
ナリタクリスタル
※ 下記は中山金杯時の考察の一部
「体型をみると、母方のペンタイアの影響が強いようで、ペンタイア産駒のマイネルアムンゼンにも似ている。
ベストは阪神の外回りで中山の1600mや2200mなどが向き、中山芝2000mの適性は悪くないと言ったところ。
前走新潟記念の配信でもお伝えしたが、全体のバランスは良好で高い能力を持っており、重賞をいくつか勝てるレベルにあると感じ、展開次第で一気に重賞ウイナーの仲間入りも可能とお伝えしたが恵まれた部分もある。
前走では、瞬発力ではやや劣る点などからレースの適性では劣っていたものの、ペースが落ち着いた中を3番手でレースをすすめており展開の恩恵を受けていた。
今回休み明けとなりこのレースの過去の傾向から状態が懸念されるが、太めは感じさせず毛ヅヤもいいため力を出せる出来にありそう。」
リルダヴァル
※ 下記は皐月賞時の考察
「つなぎの短さや肩の角度などをみると距離は2000m以下がいいかもしれない。
瞬発力を生かす競馬が合い、広いコースの方がいい馬。
馬体のバランスはまずまずも背中のくぼみは能力的にマイナス材料。
調教の動きは非常によく、前走からの上積みを感じさせる。
ただ、それ以上に舞台が変わった点はマイナスで割引が必要となる。」
コスモセンサー
※ 下記はプロキオンS次の考察
「逃げあるいは2番手辺りでレースをすることが多いが、そこまで心肺機能は高くなく一本調子なスピードタイプ。
芝のレースであれば坂がある点や脚質的な面から阪神や中山の内回りコースがベスト。
正直言うともう少し斤量の面でアドヴァンテージが欲しいところだが、今回馬体に張りがあって、春先にみた頃よりも体調はよさそう。」
バトルバニヤン
※ 下記は京都金杯時の考察
「父ジャングルポケットの影響が強く、腰や肩の角度全体のボリュームなどフォルムがよく似ている。
以前は胴が長すぎる印象であったが、昨年秋頃から全体のボリュームが増してバランスが改善されてきた印象。
上半身下半身ともに実が入っており、先行してもいいタイプで、それほど瞬発力に特化した馬ではないため、前走は調教の動きはよかったものの後手を踏んで瞬発力勝負となった点が致命的であった。
また、父が東京専用機であったことはよく知られているが、体型をみる限りローカルの競馬場などにも適応でき、平坦コースの方がよさそうで距離は2000mまでがいい馬。」
サンライズマックス
※ 下記はエプソムカップ時の考察の一部
「体型をみると先行する競馬も可能だが瞬発力勝負にも対応出来、平坦コースの方が力も発揮できるよう。
直線の長いコースの方が向き距離もベストではないものの問題ない。
鳴尾記念の敗因は阪神の坂にあると思われ、アルゼンチン共和国杯はスローペースと前が止まらない馬場が敗因。
前走京都記念は少しだらしがなかったが、前々走の+8キロという体重増の影響が残っていたよう。
休養明けに小倉大賞典を勝っているように比較的鉄砲も利く。」
※ 競馬初心者の方で分からないことやご質問等があればコメントへお願いします。
レースの印に関してはお控えください。

-穴馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2020 All Rights Reserved.