競馬 予想

宝塚記念 予想 出走馬考察(2)

更新日:

安田記念は推奨穴馬12番人気ダノンシャークが3着に激走!!

NHKマイルカップは独自配信の無料メルマガ(←コチラ)推奨穴馬8番人気フラムドグロワールが3着に激走!!

京都新聞杯は「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)で推奨した穴馬9番人気ペプチドアマゾンが2着、11番人気ジャイアントリープが3着に。

Twitter(←フォローお返ししています)へ多くの読者の方から、的中報告(←コチラ)を頂戴しました。

心よりお礼を申し上げます。ありがとうございました。

ゴールドシップ
※ 下記は阪神大賞典時の考察の一部

父ステイゴールド、母の父メジロマックイーンという血統は、三冠馬オルフェーヴルと同じであるが、この馬は父よりも母方の影響が強く出ている。

皐月賞の前までのレースに関してはそれほど目立った内容や時計ではなかったが、共同通信杯以来のレースであった皐月賞では、以前よりも胴が長くなっており別馬のようであった。

その時点でかなりの能力を有したステイヤーであると評したと記憶しているが、やはり菊花賞での活躍はある種約束されていた部分があった。

有馬記念はこの馬にとって言うことなしという条件、そして流れとなった。

また、調教の内容に関してもしまいまで伸び切って状態のよさを感じさせた。

今回有馬記念以来のレースとなるが、全体的な出来としては悪くなく、同じ休み明けの神戸新聞杯の時よりも出来そのものはいい。

シルポート
※ 下記は中山記念時の考察の一部

2010年の夏に初めて馬体をみた時から能力は重賞を複数勝てるほどのものを持っているとお伝えしてきた。

父ホワイトマズル、母の父サンデーサイレンスという同じ組み合わせの馬にアサクサキングスやシンゲンといった実績馬がいるが、当馬は母の父サンデーサイレンスよりも父ホワイトマズルの影響が強い。

昨年の中山記念で自信の穴馬に推して2着と結果を残したが、器用さを有しておりペースが落ち着いたことが追い風となった。

その次のレースとなるマイラーズカップは逃げ切り勝ち。状態に関しても馬体に非常に張りがあり毛ヅヤもよく状態は申し分なかった。

安田記念ではある程度人気になっていたが、評価を割り引き、馬場状態がいいことは追い風であったが、前半600m33秒8ではさすがにペースが速すぎた。

前走阪神カップは若干距離が不足しており、マイルCSで4着と健闘したため人気になっていたが、過大な評価であった。危険な人気馬になる可能性が非常に高かった。

今回状態は申し分なく、人気がなければ妙味のある馬で、人気であっても評価が必要となる。

重賞レースの穴馬は上記のような考察とともに無料メルマガ(←コチラ)でお届けしています。

※ 下記はお届けした穴馬

安田記念 12番人気3着 ダノンシャーク
NHKマイルカップ 8番人気3着 フラムドグロワール
京都新聞杯 11番人気3着 ジャイアントリープ
京都新聞杯 9番人気2着 ペプチドアマゾン
青葉賞 7番人気2着 ヒラボクディープ
弥生賞 10番人気2着 ミヤジタイガ
クイーンカップ 8番人気3着 ジーニマジック
日経新春杯 10番人気1着 カポーティースター
有馬記念 10番人気2着 オーシャンブルー
阪神JF 15番人気2着 クロフネサプライズ
カペラS 8番人気3着 シセイオウジ
ステイヤーズS 8番人気1着 トウカイトリック

重賞レースの穴馬の傾向と調教考察は、もうひとつの無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←PCの方)「重賞注目馬と穴馬データ」(←携帯の方)で配信しています。

競馬ブログランキング

-競馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.