穴馬 予想

宝塚記念 予想 出走馬考察(1)

更新日:

安田記念は推奨穴馬12番人気ダノンシャークが3着に激走!!

NHKマイルカップは独自配信の無料メルマガ(←コチラ)推奨穴馬8番人気フラムドグロワールが3着に激走!!

京都新聞杯は「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)で推奨した穴馬9番人気ペプチドアマゾンが2着、11番人気ジャイアントリープが3着に。

Twitter(←フォローお返ししています)へ多くの読者の方から、的中報告(←コチラ)を頂戴しました。

心よりお礼を申し上げます。ありがとうございました。

フェノーメノ
※ 下記はジャパンカップ時の考察の一部

父ステイゴールドの産駒をみると、ナカヤマフェスタは母方の特徴が出ており、時計のかかる条件が合うパワーにベクトルが傾いたタイプで、ゴールドシップは母の父メジロマックイーンの影響が強いステイヤー。

この馬は父ステイゴールドよりも母の父デインヒルの特徴が出ている。

青葉賞では過去のレースの勝ち馬と比較しても、ゼンノロブロイやシンボリクリスエスといった馬に全く見劣りするものではなく、非常に優秀なもので古馬G1でも好勝負が出来る資質を有していることが分かる内容であった。

休み明けのセントライト記念でもしっかりと仕上がっており、調教でも動いていたこともあるが、前走においても特別大きな変化はみられなかったが、今回は決して評価出来る状態にはない。

前走天皇賞(秋)では評価をしたが、今回は買うとしても押さえまでとなる。

トーセンラー
※ 京都記念時の考察の一部

父ディープインパクトの影響が強く、2011年歳2月の時点までにみたディープ産駒の中で最も父に似ていると感じた1頭で、走法やフットワークなどをみても父によく似ていた。

古馬になってからかなりタイプが変わってきた印象。いまのつくりであれば先行するレースも可能。


夕賞は雨の予報が出ており、馬場が大幅に悪化することを想定して評価を割り引いたが、予報に反して降雨がなく馬場が回復しつつあったことも追い風となった
が、小倉記念は時計の速い馬場で行われ、その開催の小倉芝2000mのレースでディープインパクト産駒が3レースで2勝2着1回と結果を残しており、その
点が追い風となった。

2キロの斤量差もあり、勝ち馬の決め手に屈する形になったが、57キロを背負っていることや勝ったエクスペディションの状態を考えると、レース内容は悪くなかった。

前々走の小倉記念は3走前の七夕賞の時と比較すると状態は上昇していたが、前走新潟記念は体調こそいいものの状態が下降していた点が1番人気という評価を裏切った要因で、その点を考慮して馬券の対象から外した。

今回は馬体をみる限りはいい状態で出走できる。

重賞レースの穴馬は上記のような考察とともに無料メルマガ(←コチラ)でお届けしています。

※ 下記はお届けした穴馬

安田記念 12番人気3着 ダノンシャーク
NHKマイルカップ 8番人気3着 フラムドグロワール
京都新聞杯 11番人気3着 ジャイアントリープ
京都新聞杯 9番人気2着 ペプチドアマゾン
青葉賞 7番人気2着 ヒラボクディープ
弥生賞 10番人気2着 ミヤジタイガ
クイーンカップ 8番人気3着 ジーニマジック
日経新春杯 10番人気1着 カポーティースター
有馬記念 10番人気2着 オーシャンブルー
阪神JF 15番人気2着 クロフネサプライズ
カペラS 8番人気3着 シセイオウジ
ステイヤーズS 8番人気1着 トウカイトリック

重賞レースの穴馬の傾向と調教考察は、もうひとつの無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←PCの方)「重賞注目馬と穴馬データ」(←携帯の方)で配信しています。

競馬ブログランキング

-穴馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.