穴馬 予想

安田記念 予想 出走馬考察(1)

更新日:

NHKマイルカップは独自配信の無料メルマガ(←コチラ)推奨穴馬8番人気フラムドグロワールが3着に激走!!

京都新聞杯は「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)で推奨した穴馬9番人気ペプチドアマゾンが2着、11番人気ジャイアントリープが3着に。

青葉賞推奨穴馬7番人気1着ヒラボクディープに続き2週連続穴馬激走!!

Twitter(←フォローお返ししています)へ多くの読者の方から、的中報告(←コチラ)を頂戴しました。

心よりお礼を申し上げます。ありがとうございました。

安田記念出走馬で人気薄の調教推奨馬を競馬ブログランキング(←30位くらいの備考欄)へ更新

NHKマイルカップは競馬ブログランキング(←30位くらいの備考欄)でお届けした調教推奨馬10番人気マイネルホウオウが勝利!!

調教・状態推奨馬、皐月賞はエピファネイア2着、マイラーズカップはグランプリボス、天皇賞(春)はフェノーメノが勝利!!

ロードカナロア
※ 高松宮記念時の考察の一部


キングカメハメハは中長距離馬を出しているが、パワーは父譲りで、今年の春までは丸みを帯びた体型や全体のボリュームなどから、マイルCS、朝日杯FS2
着のフィフスペトルに似ており、父の特徴が出ていると感じた。しかし、全体的なボリュームが増しており、さらにスピードとパワーが強化されており、徐々に
母方のアメリカ血統の特徴が出てきた印象。

昨年の京阪杯からG1レベルの能力を有しているとお伝えし、シルクロードS、京阪杯はいずれも本命や1着固定と高い評価をしてきた馬であるが、高松宮記念では能力や完成度の面などから評価を割り引いた。

スプリンターズS時に持っている素質は出走馬の中でも最上位に位置するとお伝えしたが、カレンチャンよりももっている資質は高く、香港での勝利もある意味順当な結果と言える。

陣営は「あえて言えば、早めに抜け出すとフワッとするところ。切れる馬にやられないかというところかな。」というコメントを残している。

状態にバラツキがあるという問題があり、函館スプリントSでは能力面での下降を感じさせ、単勝1倍台のオッズも2着と敗れる結果となった。

出来に関しては良好で、圧倒的人気を背負い、決め手のある馬の一発もあるかもしれないが、逆らい難い部分がある。

カレンブラックヒル
※ マイラーズカップ時の考察の一部

3歳春の時点では上半身を中心に筋肉がつき切っておらず、そこまで完成度が高くなかった。

NHKマイルカップで先行して2着に0秒6差をつけて勝利しているが、レース内容としては毎日王冠の方が評価が必要となる。

毎日王冠は昨年の秋初戦であったが、全体的に立派な印象で次走を見据えての仕上げという印象があった。

しかし、その状態で古馬相手に結果を残しており、高い素質を有していることが分かる。

フェブラリーSでの1番人気という評価は明らかに過剰な人気。妙味のある馬との組み合わせのみ押さえたが、そうでなければばっさりと切るべき存在であった。

2200mを超える距離は間違いなくよくない馬で、ダービーへ参戦するという話もあったが、自重したことは正解。

今回は出来としては90%を超える。皮一枚余裕がある印象であるが、力を出せる出来にある。

重賞レースの穴馬は上記のような考察とともに無料メルマガ(←コチラ)でお届けしています。

※ 下記はお届けした穴馬

NHKマイルカップ 8番人気3着 フラムドグロワール
京都新聞杯 11番人気3着 ジャイアントリープ
京都新聞杯 9番人気2着 ペプチドアマゾン
青葉賞 7番人気2着 ヒラボクディープ
弥生賞 10番人気2着 ミヤジタイガ
クイーンカップ 8番人気3着 ジーニマジック
日経新春杯 10番人気1着 カポーティースター
有馬記念 10番人気2着 オーシャンブルー
阪神JF 15番人気2着 クロフネサプライズ
カペラS 8番人気3着 シセイオウジ
ステイヤーズS 8番人気1着 トウカイトリック

重賞レースの穴馬の傾向と調教考察は、もうひとつの無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←PCの方)「重賞注目馬と穴馬データ」(←携帯の方)で配信しています。

次回配信は安田記念の情報をお届けします。

競馬ブログランキング

-穴馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.