天皇賞(秋)

天皇賞(秋) 2017 傾向 穴馬と危険な人気馬の特徴

更新日:

天皇賞(秋) 2017 傾向

菊花賞は有料メルマガ「馬体診断&重賞データ」(←クリック)で10番人気2着クリンチャーを自信の穴馬推奨。

○★×でワイド3730円、12360円7点ダブル的中!!3連複136350円15点的中!!

 

有料穴馬(←クリック)は料金3240円(11月以降も変更の予定はありません)で、12月末までG1レース以外の穴馬、人気薄の推奨馬をお届けします。

天皇賞(秋)の2けた人気穴馬候補をへ更新。

※ ランキングの順位の確認方法が分からない場合はこちら(←クリック)をご覧ください。

 

 

天皇賞(秋) 2017 レースのポイントと概要

※ データは東京で行われた過去10レースを対象に編集しています。

かつては古馬中長距離路線の王道というレースであったが、近年は凱旋門賞へ参戦した超一流馬が多く、2400m以上の距離で強い長距離馬などがこのレースを避けてジャパンカップへ向かうというケースもみられる。

また、逆に菊花賞を回避した3歳馬が矛先を向けるというケースが目立ち、レースの特徴もかなり変わってきている。

「府中に魔物が棲む」と言われる格言どおり、かつては1番人気の馬が敗れ続け、1988年1999年まで12年連続で1番人気の馬が勝つことが出来なかった。

しかし、2003年以降はシンボリクリスエス、ゼンノロブロイ、メイショウサムソン、ウオッカ、ラブリーデイ、モーリスなどが1番人気で勝利しており、それまでのジンクスは完全に払しょくされている。

これは2003年に東京競馬場が改装されたことと無関係ではないようで、かつてはスタート地点から1コーナーまでの距離が短いためごちゃつきやすく、人気馬が結果を残せないことに結びついていたよう。

近年は1番人気の馬が多数結果を残しており、比較的平穏な結果となるレースが多くみられる。

コースが及ぼす影響

連対馬の脚質をみると、逃げ馬の連対は、2008年に歴史的名牝であるダイワスカーレットが逃げた1回のみ。

差し馬もきているが、逃げ、追い込みなどの極端な脚質の馬は割引となり、後ろから競馬をする馬は人気を裏切る馬が多い。

特に道中でのポジショニングに影響を及ぼすようで、大外の馬は後方からのレースとなりやすいためか、その傾向が強まるよう。

血統的な面であるが、直線が長いコースの2000mという距離は、サンデーサイレンス産駒が最も得意とする条件であった。

サンデーサイレンス産駒が天皇賞(秋)へ出走するようになった後、東京で行われた2009年までの過去15レースでサンデーサイレンス産駒が14頭連対している。

これからはサンデーサイレンス系の種牡馬の中でも瞬発力を身上とする馬の仔や、過去に天皇賞(秋)で結果を残したサンデーサイレンス産駒の仔、母の父サンデーサイレンスの馬も評価が必要となるとお伝えしてきた。

ジェンティルドンナ、リアルスティール、スピルバーグなど、やはりディープインパクト産駒はかなり好走している。

2000mの実績は必須で、連対馬のほとんどが重賞勝利などの結果を持っている。

2000mの重賞レースで実績が無い馬もいるが、2000mの重賞レースでつかわれていないというような事情がないかぎり、軸馬にはクリアしておいて欲しいところ。

そうでない馬は、2200m以上の距離の中距離レースと、1800m以下のマイル路線の重賞レース両方での実績が欲しい。

臨戦過程

連対馬の前走のレースとそこでの結果をみると下記のよう。

毎日王冠…9頭  2-3-1-3
京都大賞典…1頭 1-0-0-0
オールカマー…0頭  0-0-0-0
セントライト記念…1頭  1-0-0-0
札幌記念…2頭  1-1-0-0
宝塚記念…5頭  0-2-1-2
安田記念…1頭  0-0-0-1
大阪杯…1頭  1-0-0-0

中距離の超一流馬が海外のレースへ出走するケースや、このレースをスキップしてジャパンカップへ出走するケースもみられる。

また、それにくわえて近年は札幌記念や宝塚記念から直行してくるケースが多くなっており、京都大賞典をつかわれていた馬が好走するケースが減少している。

連対馬の前走のレースをみると、全て重賞レースで、毎日王冠、宝塚記念をつかわれていた馬が中心となり、近年は札幌記念から直接このレースへ向かってくる馬も結果を残している。

 

天皇賞(秋) 穴馬の特徴

2016年7番人気2着リアルスティール:2000m、広いコースなどベストの条件であった。前でレースをした方が持ち味は生きると感じたが、外枠に入ったこともあり鞍上が後方か決め手を生かすことを選択したよう。瞬発力勝負では厳しいように感じたが、やはり地力が高かった。

2015年10番人気2着ステファノス:有料メルマガで自信の穴馬推奨。馬体を見る限り重賞を複数勝てるだけの資質があるとお伝えしてきた馬で、クイーンエリザベス2世カップで2着と好走しているように能力は高く、過小評価されていた。穴馬の傾向にも符合したが、能力的にも上位とそん色はなかった。

2011年7番人気1着トーセンジョーダン:札幌記念以来のレースで決して状態はよくなかったが、前半1000m56秒5と非常に速いペースで推移し、後方からレースをして決め手が生きる流れとなった。

2009年7番人気2着スクリーンヒーロー:前半1000m59秒8とゆったりしたペースで推移し、そこから急激にペースアップする流れが大きな追い風となった。状態を上げていたことも好走の要因。

2007年7番人気2着アグネスアーク:初距離となる2000mが懸念されていたが、馬体からも問題なく、ややゆったりした流れとなり瞬発力も生きる形となった。

2006年7番人気2着スウィフトカレント:東京へのコース変わりが好走の要因。プラス10キロと、減っていた馬体重も戻り、復調していたことも大きかった。

2005年14番人気1着ヘヴンリーロマンス:前走札幌記念を勝利し、前々走クイーンSは2着という結果を考えるとあまりにも人気がなさ過ぎた。1枠1番に入り、馬場の内側から鋭く伸びた。

2005年15番人気3着ダンスインザムード:近走は結果を残していなかったが、33秒台の上がりで決着する流れが大きな追い風となった。

2004年13番人気2着ダンスインザムード:前走秋華賞で4着という結果を受け、中1週ということもあり、人気が急落していたが、合わないレースであった。先行して前半1000m60秒1とペースが落ち着いたことが大きな追い風となった。

2004年9番人気3着アドマイヤグルーヴ:前走京都大賞典で4着に敗れて人気が落ちていたが、ひとたたきされた効果もあった。前々走のマーメイドSを勝ち、前年のエリザベス女王杯を勝っていたことを考えると、評価が低すぎた。

2003年10番人気3着テンザンセイザ:逃げて競り合うレースで前半1000m56秒9と異常なペースで推移していたが、好位でしっかり折り合っていた。東京コースで強いトニービン産駒でもあった。

 

情報がお役に立っていれば、一日一回のクリックをお願いします。

 

天皇賞(秋) 消えた人気馬の特徴

2016年
2番人気12着エイシンヒカリ:東京芝2000mは条件として合わなかったことが崩れた要因。
3番人気7着ルージュバック:リアルスティールに直線でフタをされた形になり進路がなかった。
4番人気4着アンビシャス:
5番人気9着ラブリーデイ:

2015年
2番人気9着エイシンヒカリ:東京芝2000mは条件として合わなかったことが崩れた要因。
3番人気8着ディサイファ:道中でポジションを下げており、不利もあったか。
4番人気5着アンビシャス:気性的な難しさを見せ、内枠も仇になった。
5番人気4着ショウナンパンドラ:位置取りが後ろ過ぎた。

2014年
3番人気14着フェノーメノ:休み明けで、気性的な面が影響。全盛時の力もなかったか。
4番人気6着エピファネイア:

2013年
2番人気10着トウケイヘイロー:
4番人気5着コディーノ:距離が微妙に長かった。

2012年
4番人気4着ダークシャドウ:馬体に余裕を感じさせプラス8キロ。
3番人気5着カレンブラックヒル:

2011年
1番人気4着ブエナビスタ:状態がよくなかった。激流ペースも厳しかった。
3番人気6着エイシンフラッシュ:先行したが、ペースが速く厳しい展開であった。
4番人気10着ローズキングダム:

2010年
3番人気6着シンゲン:能力的に劣り、前走オールカマーを勝利もそれほどの内容ではなかった。
5番人気15位入線ジャガーメイル:

2009年
2番人気5着シンゲン:能力的に足りなかった。
3番人気4着オウケンブルースリ:決め手勝負となり、距離も忙しかった。
4番人気6着ドリームジャーニー:

 

※ 有料メルマガ「馬体診断&重賞データ」(←クリック)では、より馬券に直結する穴馬と危険な人気馬のパターンをお届けしています。

 

2017年は無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PC・スマホ) 「重賞激走穴馬!!」(←ガラケー・空メールで登録可))で下記の穴馬が激走。

セントウルS 6番人気2着 ラインミーティア
札幌2歳S 7番人気3着 ダブルシャープ
キーンランドカップ 12番人気1着 エポワス
エルムS 8番人気3着 ドリームキラリ
アイビスSD 8番人気1着 ラインミーティア
小倉記念 6番人気3着 フェルメッツァ
函館記念 14番人気2着 タマモベストプレイ
プロキオンS 6番人気3着 ブライトライン
ラジオNIKKEI賞 8番人気2着 ウインガナドル
函館スプリントS 7番人気3着 エポワス
エプソムカップ 6番人気3着 マイネルハニー
フローラS 12番人気1着 モズカッチャン
日経賞 7番人気2着 ミライヘノツバサ
毎日杯 7番人気3着 キセキ
フラワーカップ 8番人気2着 シーズララバイ
弥生賞 8番人気2着 マイスタイル
阪急杯 7番人気1着 トーキングドラム
中山記念 8番人気2着 サクラアンプルール
京成杯 7番人気2着 ガンサリュート
フェアリーS 7番人気3着 モリトシラユリ

期間限定で有料(3240円・12月末まで配信)で穴馬をお届けさせて頂きます。

詳しくはこちらのページ(←クリック)をご参照ください。

-天皇賞(秋)
-

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.