穴馬 予想

天皇賞(春) トウカイトリック 考察

更新日:

ツイッター(←こちら)ではぬるくつぶやいてます。
フォローも見逃し以外はお返ししていますのでお気軽にどうぞ
トウカイトリックは前走阪神大賞典では、写真をみると少し馬体に余裕があるように感じたが、パドックではしっかり仕上がっていた。
※ 下記は阪神大賞典時の考察
「前走ダイヤモンドSの敗因は馬場や斤量にあり、馬券の対象から外したが、参考外として扱うことができる。
上半身の厚みからかなり心肺機能は高い馬で骨格やボリュームから京都などより阪神や中山の方が合うため、ここはほぼベストの条件といえる。
例年よりも手薄なメンバーであるため、千載一遇のチャンスといえるが、今回腹のラインに余裕があり、首さしも太く映るなど若干馬体に余裕があるように感じる。
調教の動きもいつもならもう少し力強さを感じさせるが、今回相変わらずいいものの近走の内容と比較すると反応が若干鈍いように感じる。
皮膚の質感などは悪くないため、当日の気配はチェックしたい。」
阪神大賞典ではアサクサキングスを本命に推したものの、レース中の打撲で敗れてそれが原因で放牧となった。
また、ペースが上がった点も厳しかったが、上位の馬はペースの恩恵を受けた部分もある。
ただ、この馬は体調自体は良好な状態にあったようで、維持していれば評価が必要と感じる。
次回もまた有益な情報をお届けします。ランキングのクリックにご協力頂ければ幸いです。
人気ブログランキングへ
ご質問、ご要望等はツイッターの下記のリンクからどうぞ。
↓↓↓
twitterへRTするこの記事をtwitterへRTする

-穴馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.