穴馬 予想

大阪杯 穴馬

更新日:

ツイッター(←コチラ)もお気軽にどうぞ。
大阪杯の穴馬にはタスカータソルテを指名。
馬体をみるとさしたる変化や印象は感じられないが、調教の動きをみると2008年の札幌記念時ほどではないものの、勢いが戻ってきた印象。
手脚の長さなどからやや瞬発力タイプに出ている印象で、父系の影響が強いようで、父よりも父の父トニービンの影響が強いと思われる。
ただ、後肢にもしっかりボリュームがあるため、先行やまくるような競馬も可能。
[前哨戦のポイント]でも記したとおり、前走は枠の恩恵もあった。
馬格がなく切れる馬のため坂のあるコースも平坦コースの方がいいが、さして人気もないためここは穴で狙ってみたい。
もう1頭はエアシャトゥーシュを狙ってみたい。
母はダービー馬ウイニングチケットの全妹だが、丸みを帯びたラインの馬体をしており、パワー型に出ている印象で父カリズマティックの影響が強いと思われる。
体型や血統面にくわえて、つなぎの太さをみるとダートでも走りそうで、瞬発力タイプの馬ではないため東京や京都の外回りコースなどはあまり合わないかもしれない。
基本的に先行した方がよく、コーナーを4回周るような条件のレースは合い、距離は2000m近辺がベストで坂も問題ない。
馬体のバランスは良好で、能力的に重賞を複数勝てるレベルのものをもっており、何より調教の動きがよく、このレースの出走馬の中で最も目立っていた。
前走の敗因は[前哨戦のポイント]でも記したとおり、枠にあると思われ参考外として扱うべきで、着差も0秒5とわずか。
それを除けば底をみせておらず、今年のメンバーであれば通用してもおかしくない。
ダービー卿CTの方が荒れる可能性は高いと思われるが、後ほど編集が完了次第、無料メルマガ(←コチラ)でお届けしたい。
面白かったランキング(←こちら)のクリックもお願いいたします。

-穴馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.