穴馬 予想

大阪杯 ダービー卿CT的中!! 桜花賞調教推奨馬

更新日:

桜花賞調教推奨競馬ブログランキング(←50位くらいの備考欄)へ更新。

桜花賞、皐月賞、天皇賞(春)などG1レースの穴馬独自配信の無料メルマガ(←コチラ)でお届けします。

本日の有料メルマガ「馬体診断&重賞データ」は大阪杯◎○▲馬連360円1点、3連単1670円本線2点的中。ダービー卿CTは◎○馬連1970円本線3点的中。

大阪杯は3連単も的中。3連単は普段推奨しないためあくまで参考までですが、3番人気ダークシャドウ、4番人気を外していたため、悪くない結果。

ダービー卿CTは除外もあり、本命に推したトウケイヘイローが人気になっていたことは誤算でしたが、単勝1けた台の2番人気ダイワファルコン、3番人気ドナウブルー、6番人気ガルボなどを馬券の対象から外し、馬連回収率は500%弱ほど。

雨の予報だった天気がもったことが僥倖で、好調をキープして桜花賞へ臨むことが出来そうです。

ダービー卿CT ◎○ 馬連1970円本線3点的中大阪杯 ◎○▲ 馬連360円1点 3連単1670円本線2点的中
日経賞 ◎☆○ 馬連4080円4点的中
毎日杯 ○★△ 3連複4020円本線3点的中
弥生賞 ★×△ 3連複34310円20点中
チューリップ賞 ○◎△ 馬連5070円6点的中
オーシャンS ○◎ 不的中
阪急杯 ○◎ 馬連本線1点 590円的中
アーリントンカップ ◎▲○ 3連複550円本線1点的中
フェブラリーS ▲★△ 3連複16150円本線10点的中
共同通信杯 9番人気3着 マイネルストラーノ 穴馬推奨
クイーンカップ 8番人気3着 ジーニマジック 穴馬推奨
東京新聞杯 △◎△ 馬連1690円 本線4点的中

無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)でも穴馬や有料メルマガの情報を一部お届けしています。

※ 下記は無料メルマガでお届けした穴馬

弥生賞 10番人気2着 ミヤジタイガ
クイーンカップ 8番人気3着 ジーニマジック
日経新春杯 10番人気1着 カポーティースター
有馬記念 10番人気2着 オーシャンブルー
阪神JF 15番人気2着 クロフネサプライズ
カペラS 8番人気3着 シセイオウジ
ステイヤーズS 8番人気1着 トウカイトリック
アルテミスS 7番人気3着 ウインプリメーラ
菊花賞 7番人気3着 ユウキソルジャー
京都大賞典 5番人気1着 メイショウカンパク
スプリンターズS 9番人気3着 ドリームバレンチノ
新潟記念 10番人気2着 タッチミーノット
小倉2歳S 7番人気3着 ラヴァーズポイント
クイーンS 10番人気2着 ラブフール
函館記念 8番人気2着 イケトップガン
プロキオンS 12番人気1着 トシキャンディ
函館スプリントS 11番人気3着 ビスカヤ

まずはダービー卿CTのレース時計、前半800m、後半800mの時計をみていきたい。例年ペースにばらつきがあるが、今年は前半800m45秒5とかなり速いペースで推移。

2013年 トウケイヘイロー 1.32.6  前半45.5 後半46.8
2012年 ガルボ 1.33.5  前半47.4 後半46.1
2010年 ショウワモダン 1.34.3  前半48.3 後半46.0
2009年 タケミカヅチ 1.33.7  前半46.8 後半46.9
2008年 サイレントプライド 1.34.2  前半47.8 後半46.4

このペースで押し切って勝利したトウケイヘイローは強い内容。2歳時から馬体をみると重賞を複数勝てる素質と評価をしていた馬。想定よりも人気になっていたことは誤算であったが、これくらいのパフォーマンスは出来る。

連勝して次走以降人気になるため、今後はもっと人気薄の馬を狙っていくだろうが、今回の内容はフロックやハンデに助けられてのものではない。ダイワマッ
ジョーレに関してはスタートがひと息で、先行できるようになればもっと結果を残すことが出来る。人気を裏切った2番人気ダイワファルコン、3番人気ドナウ
ブルー、6番人気ガルボであるが、いずれも馬券の対象から外した。

ダイワファルコンは明日の新聞などで鞍上が「距離が忙しかった」というコメントを残すのではなかろうかと思う。この馬に関しては狙いどころがあり、人気薄で買えるポイントと危険な人気馬になる可能性が高いレースがあるが、それは有料メルマガの配信でお伝えしたとおり。


番人気ドナウブルー、そして6番人気ながら単勝1けた台のガルボに関しては、かなり危険な人気馬になる可能性が高く、真っ先に馬券の対象から外した。いず
れも過去の傾向どおりの結果で、上手く人気馬を排除して◎○で的中させることが出来たが、、読者の方は来年以降も「重賞データ」を使ってほしい。

一方、大阪杯はオルフェーヴルが上々のスタートを切る結果に。比較的ゆったりした流れであったが、最後流しながら上り33秒0という脚で、非凡な瞬発力をみせつける形となった。

2013年 オルフェーヴル 1.59.0  前半48.9 後半45.5
2012年 ショウナンマイティ 2.05.5  前半52.3 後半47.6
2011年 ヒルノダムール 1.57.8  前半47.9 後半46.9
2010年 テイエムアンコール 1.59.5  前半48.3 後半47.0
2009年 ドリームジャーニー 1.59.7  前半47.9 後半46.9
2008年 ダイワスカーレット 1.58.7  前半47.6 後半46.8

オルフェーヴルに関してはむしろジャパンカップの時よりも出来はいいくらいであったが、ショウナンマイティの出来がよかったため、対抗に推奨。


れ以外の3番人気ダークシャドウ、4番人気ヴィルシーナといった人気馬は能力的な部分や状態面で劣り、割り引いたが、上積みの余地もある。エイシンフラッ
シュはやはり58キロが最後の最後に響いた形となったが、このレースはしっかりと優先順位をつけることが出来、◎○▲で的中させることが出来た。

エイシンフラッシュに関しては58キロが響いたが、今年は体調がよさそうで、次走は香港のレースへ向かうようだが、それなりに好勝負をするのではないかと感じる。

穴馬の傾向と調教考察は、もうひとつの無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←PCの方) 「重賞注目馬と穴馬データ」(←携帯の方)でお届け。

次回配信は桜花賞の穴馬の特徴をお届けします。

競馬ブログランキングヘ

-穴馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2021 All Rights Reserved.