競馬 予想

大阪杯 ○◎ 馬連本線1点的中!!

更新日:

下記は有料メルマガ「馬体診断&重賞データ」(←クリック)でお届けした考察

ディープスカイ

「最も状態がいいと感じたのは、昨年のJC時。
毛ヅヤがよく、天皇賞(秋)時よりも引き締まって申し分ない状態であった。
今回馬体を目にすると、上半身にやや余裕がある感じで天皇賞(秋)時と同じような印象。
同じ休み明けであった神戸新聞杯時は少しアバラが浮き出て余裕を感じさせたが、その時よりも太めもなく力を出せる状態にはあると感じる。
今後はここから全体的な輪郭がクッキリして、毛ヅヤがよくなってくると思われる。

手脚が長いスラッとしたタイプで、典型的なサンデー系の馬体をしており、瞬発力を武器とする馬。
そのため、直線が長いコースの方が合い、そういったコースで結果を残しているが、今回内回りである点がみ明けよりも不安材料となる。
ただ、過去このレースではサンデー系の馬が強いことから、神戸新聞杯のようにある程度前目の位置につけることが出来れば、大きく崩れることはないと感じる。」

ドリームジャーニー

「昨年の夏から好調を維持してきたが、年が明けてからはやや状態が下降していた。
近走で最も状態がよかったのは、昨年の有馬記念時。
銭型が浮き出て皮膚に透明感があり、胸前に筋が出るほど筋肉がつき、調教の動きも上々であった。
AJC杯時はやや毛ヅヤがくすんでおり調教の動きもいい頃と比べるといまひとつであった。

そして本質的にフットワークの回転が速い馬で、中山外回りよりも内回りコースの方が合うタイプであるため馬連の対象から外した。
前走よりも皮膚の透明感が増しており、前々走から前走、前走から今回と体調がよくなってきている印象。
今回阪神内回りの2000mに変わり、坂があることを除けば距離コースともにベストの舞台。
状態のよさ、斤量、レース適性から人気上位の馬とも互角に戦えると感じる。」

[推奨馬]
◎ 11番ディープスカイ
○ 8番ドリームジャーニー
▲ 4番アドマイヤフジ
△ 1番マツリダゴッホ
△ 5番ヴィクトリー
△ 3番サンライズマックス
☆ 10番ダイシングロウ

馬連◎→○本線1点。
◎→▲穴1点

有料メルマガ「馬体診断&重賞データ」(←クリック)では、春のG1シーズンでも詳細な考察や推奨馬をお届けしていきます。

一回お付き合い頂くだけで、馬券に対する考え方が変わり、今後買われる馬券の金額を考えると、費用対効果は非常に高いと思います。

2ヶ月購読12600円で5月末までの情報と特典レポート5つをお届けいたします。

「絶対に買いたい騎手&種牡馬データ 2009」
「日本一の銀行レース攻略法」
「1000万馬券が出るレース!!1000万馬券をとる方法!!」
「回収率100%以上の重賞ライフ」 ※少点数で馬券をとる方法を加筆修正
「混戦ハイレベルの2009年ダービー&皐月賞 展望と考察」

お申し込みは下記のアドレスへ“本文”と“件名”に「有料メルマガ」と明記してご連絡下さい。

0220@goo.jp

ダービー卿CTは無料メルマガ「馬体は嘘をつかない」(←クリック)で推奨した穴馬12番人気マヤノライジンが激走!!

的中された方、おめでとうございました!!

下記は無料メルマガ「馬体は嘘をつかない」でお届けしたマヤノライジンの考察。

「ある程度骨格がしっかりしており、坂も問題ないため中山は合う。
それほどコースを問うタイプではないが、手脚やつなぎが長いなどから内回りよりも外回りの方がいいタイプ。
前後肢のボリュームや手脚の長さなど過去の連対馬と馬体が類似している部分がある。
今回と同じ条件のニューイヤーS(OP特別)で2着もあり、その時の1着はマルカシェンク。
中山の芝1600mはほぼベストの舞台といえる。
前走は休み明けにくわえ、不良馬場で不利もあるなど三重苦のレースであったため参考外としたい。
今回馬体写真はないが、調教は悪くない動きで、一杯に追われている点を評価したい。
今年は先行馬が多く、ペースが上がる可能性があり、後ろから競馬をする点などから穴で狙ってみたい1頭。」

無料メルマガ「馬体は嘘をつかない」(←クリック)では馬体診断で重賞の穴馬や出走馬の情報をお届けしています。

もうひとつの無料メルマガ「馬体は嘘をつかない」では重賞の穴馬をお届け!!

ダービー卿CT 12番人気3着 マヤノライジン
フィリーズレビュー 15番人気3着 レディルージュ
ダイヤモンドS 7番人気3着 スノークラッシャー
シルクロードS 7番人気1着 アーバンストリート

-競馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2017 All Rights Reserved.