穴馬 予想

北九州記念 予想 エピセアローム エーシンヴァーゴウ 考察

更新日:

クイーンSは10番人気ラブフールが2着に、函館記念8番人気イケトップガンが2着に激走!!

※ 下記は無料メルマガ
「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)でお届けした穴馬。

クイーンS 10番人気2着 ラブフール
函館記念 8番人気2着 イケトップガン
プロキオンS 12番人気1着 トシキャンディ
函館スプリントS 11番人気3着 ビスカヤ
ユニコーンS 8番人気3着 タイセイシュバリエ
日本ダービー 6番人気2着フェノーメノ
目黒記念 6番人気3着 コスモロビン
京王杯SC 13番人気3着 インプレスウィナー
スプリングS 11番人気3着 ロジメジャー
フィリーズレビュー 8番人気2着 ビウィッチアス
中山牝馬S 7番人気2着 オールザットジャズ
オーシャンS 5番人気2着 グランプリエンゼル
中山記念 7番人気2着 シルポート
アーリントンC 6番人気3着 アルキメデス
東京新聞杯 8番人気1着 ガルボ

エピセアローム
※ 下記は桜花賞時の考察

「父は新種牡馬となるダイワメジャーであるが父の特徴が出ており、ダイワメジャーはよりパワーにベクトルが傾いた馬であったが、この馬はスピードタイプに出ている。

父は1600mから2000m辺りの距離を守備範囲としたが、この馬は父よりもやや短い距離に適性があり、マイル以下の距離がよさそう。

阪神JFでは小倉2歳S以来の休み明けであったが、その時は腹のラインなどに若干余裕を感じさせた。

前走チューリップ賞ではその時よりも状態がよかった、その時に続いて今回も非常にすっきりと仕上がっており、力を出せる状態にある。

阪神JFでは気性的な難しさをみせたが、8枠16番と外枠に入り壁をつくることが出来なかったことも敗因のひとつ。

そのため、今回は内枠に入ったことはプラス材料であるが、他の馬よりも決め手の点で劣るため、展開の恩恵を受けなければ勝ち味に遅い結果となりやすい。」

エーシンヴァーゴウ
※ 下記はアイビスSD時の考察

「ファルブラヴの産駒はG1でワンパンチ足りない印象があるが、ワンカラットなど他の父の産駒よりもボリュームの増したつくりになっており、母方のサンダーガルチなどの影響が強く出ている。

ある程度の決め手勝負にも対応出来るが、基本的には先行していいタイプ。

海外のレースは詳細が分からないが、オーシャンSは調教でさして動いておらず、状態が上がりきっていなかったよう。

3走前のシルクロードSは牝馬で56.5キロを背負い休み明けのため馬券の対象から外したが、いずれにしても敗因は明確で、能力が急激に下降したということは考えられない。

問題は状態とこのレースの適性、そして昨年から斤量が1キロ増えて55キロでの出走になるという点。

まず、状態に関して言うと、昨年のセントウルSやスプリンターズSの方が上半身を中心に張りがあり、皮膚の質感もよく、その頃を95位の出来とするなら90程度の状態。


年のスプリンターズSでは夏場からレースをつかわれ続けていたため、引き続き一部ではお釣りがないと言われ不安視され7番人気と評価は低かったが、セント
ウルS出走時と比較すると、馬体全体の張りが増し、調教でもしっかりと動いてむしろ上昇しており、能力の高さからも本命に推した。

パワーも兼ね備えており、それらの点にくわえて肩の角度をみると距離には限界があり1200m辺りがベストで、距離の点からも適性面に関しては問題ない。」

札幌記念と北九州の記念の穴馬は無料メルマガ
「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)でお届けします。

ツイッター(←こちら)でも情報をお届けしています。

もうひとつの無料メルマガの次回配信では新潟2歳S、エルムSの情報をお届けします。

「重賞注目馬と穴馬データ」(←PCの方) 「重賞注目馬と穴馬データ」(←携帯の方)

-穴馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2020 All Rights Reserved.