穴馬 予想

函館記念 予想 マヤノライジン アクシオン 考察

更新日:

穴馬などお役に立っていれば一日一回クリックの協力をお願いいたします。

人気ブログランキング

今回は函館記念の出走馬考察をお届けします。

プロキオンSは無料メルマガで推奨した穴馬12番人気トシキャンディが勝利。

※ 下記は配信でお届けした穴馬。

プロキオンS 12番人気1着 トシキャンディ
函館スプリントS 11番人気3着 ビスカヤ
ユニコーンS 8番人気3着 タイセイシュバリエ
日本ダービー 6番人気2着フェノーメノ
目黒記念 6番人気3着 コスモロビン
京王杯SC 13番人気3着 インプレスウィナー
スプリングS 11番人気3着 ロジメジャー
フィリーズレビュー 8番人気2着 ビウィッチアス
中山牝馬S 7番人気2着 オールザットジャズ
オーシャンS 5番人気2着 グランプリエンゼル
中山記念 7番人気2着 シルポート
アーリントンC 6番人気3着 アルキメデス
東京新聞杯 8番人気1着 ガルボ

「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)

マヤノライジン
※ 下記は京都金杯時の考察

「体型をみると父マヤノトップガンよりも母の影響が強そうでマイラー。

落ち着いたペースの中で先行して、直線で抜け出す競馬が合う。

距離は1600mから2000m位がいい馬で、今回の条件は悪くない。

人気薄で2着と好走した函館記念はまだ記憶に新しいが、ペースが落ち着いて展開の恩恵があり、52キロという斤量のアドヴァンテージが生きた。

明けて11歳という年齢になるが、前々走のアンドロメダSでは勝利したユニバーサルバンクと同じ54キロを背負いながら0秒2差の4着と善戦しており、大幅な能力の減退を考えるのは早計。

道悪も結果を残しているだけに、前走中日新聞杯の敗因が不透明であるが、2枠3番と内枠に入り、先行してペースが落ち着けばしぶとさをみせる可能性がある。

現在15番人気で単勝は約150倍と全く人気はないが、駄目もとで押さえてみたい。」

アクシオン
※ 下記は札幌記念時の考察

「やや発達した骨格や重心の低さは父サンデーサイレンスよりも母方のディキシーランドバンドの影響が強いよう。

過去の傾向をみても父サンデー、母の父が欧州のノーザンダンサー系という血統面からも今回の条件はほぼベストに近い。

距離は1800m2000m近辺がベストも、首の高さがこの馬の弱点で、シャドーロールをつけているのもそれを解消しようとしているためで、フットワークが小さくなり能力的な面とともに距離延長においてもマイナスとなる。

昨年のこのレース以降いまひとつ結果を残せていなかったが、体重の増減が激しかった点などをみると、体調がいまひとつだったようで、今年の冬は幾分余裕残しを感じさせた。

前走では調教で動いて復調を感じさせ、近走で結果は出ていないものの敗因が明確で、能力の衰えが明確というわけではなかったため評価をしたが、馬体をみても引き締まって毛ヅヤも良化し、一時の不振は脱したとみてよさそう。

出来とレース適性が高く、さして人気がない点から妙味という点で魅力がある。」

もうひとつの無料メルマガの次回配信ではアイビスSDの情報をお届けします。

「重賞注目馬と穴馬データ」(←PCの方) 「重賞注目馬と穴馬データ」(←携帯の方)

-穴馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.