穴馬 予想

函館記念 シャドウゲイト考察と「競馬のまぐまぐ」への寄稿

更新日:

宝塚記念ナカヤマフェスタに続き、ラジオNIKKEI賞はアロマカフェが優勝!!
函館記念で状態のいい馬はランキングで。
人気ブログランキング(←コチラ)
携帯の方もOKです。順位は60位くらいです。
PCの方は順位は左サイドバーでご確認ください。
FC2 Blog Ranking(←コチラ)も宜しくお願いいたします。
シャドウゲイトは休み明けで3勝と鉄砲もまずまず利くタイプ。
AJC杯で2着にきた後、中山記念では6着に敗れたものの、中京記念を勝利。
中山記念は大幅に悪化した馬場がマイナスとなっており、それを除けば安定している。
「重賞注目馬と穴馬データ」(←携帯の方はコチラ)PCの方(←クリック)で解説したように、このレースは合うのではないかと思われる。
※ 下記は中山記念時の考察。
「体型をみると父ホワイトマズルよりも母の父サンデーサイレンスの影響が強いよう。
前後肢のバランスなどから先行していいタイプだが、手脚の長さなど全体的なラインから瞬発力もあるためスローペースの競馬が合い、後方からの競馬にも対応できる。
前走AJC杯は逃げて2着と好走したが、前半800m48秒5とさして落ち着いたペースではなかった。
前々走の有馬記念はペースが速く、3走前は休み明けが敗因で、人気の盲点となっていたよう。
また、今回の写真をみると昨夏よりも馬体をふっくらとみせており復調している可能性が高い。
金鯱賞、大阪杯、中山金杯とコース形態の似たレースで連対しており、スラっとした体型から外回りコースでもいいが、内回りコースも問題ない。
前走は少し距離が長いかなと感じたが、今回くらいの距離の方が合う。外枠は気になるものの、押さえることを検討したい。」
今週は穴馬配信をお休みさせて頂きます。
なお、今週は金曜日に配信された「競馬のまぐまぐ」へ少しだけ寄稿いたしました。
※ 下記が原稿
◎ ヒールゼアハーツ 【25日(日)新潟5R・メイクデビュー】
走法をみると父ハーツクライの影響が強いようで、この時期の2歳馬としてはフォームが安定している。
調教の内容もフットワークがシャープで、勢いもまずまず感じさせる。
おかげさまで読者の方が1400名を超えました。
またいい穴馬がいれば、上記のような考察とともに無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)でお届けします。
PCの方はコチラ(←クリック)

-穴馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2023 All Rights Reserved.