共同通信杯 3連単的中!!的中のポイント

凡走して人気が落ちた馬は狙い目!!

クイーンカップ、京都記念、共同通信杯で敗れた馬で、次走狙える馬とその条件を
競馬 ブログランキングの紹介文へ更新。

 

シルクロードステークスは無料メルマガで8番人気ヒルノデイバローを穴馬としてお届けするも4着。

京成杯は7番人気ガンサリュートが2着に。

フェアリーステークスは7番人気モリトシラユリが3着、11番人気ジャストザマリンが4着と惜しいレース。

重賞レースの穴馬は無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PC・スマホ) 「重賞激走穴馬!!」(←ガラケー・空メールで登録可))でお届けします。

京成杯 7番人気2着 ガンサリュート
フェアリーS 7番人気3着 モリトシラユリ
武蔵野S 8番人気1着 タガノトネール
スワンS 8番人気2着 サトノルパン
セントウルS 9番人気3着 ラヴァーズポイント
新潟記念 9番人気3着 ロンギングダンサー
北九州記念 8番人気1着バクシンテイオー
中京記念 7番人気1着ガリバルディ
マーメイドS 6番人気1着リラヴァティ
安田記念 8番人気1着ロゴタイプ
福島牝馬S 14番人気1着マコトブリジャール
チューリップ賞 10番人気3着 ラベンダーヴァレイ
アーリントンカップ 9番人気2着 ダンツプリウス
ローズS 7番人気1着 タッチングスピーチ
京成杯AH 13番人気1着 フラアンジェリコ
新潟記念 13番人気3着 ファントムライト
札幌2歳S 8番人気3着 クロコスミア
アイビスSD 9番人気2着 シンボリディスコ
函館2歳S 10番人気3着 ヒルダ
ヴィクトリアマイル 12番人気2着 ケイアイエレガント
マイラーズカップ 8番人気1着 レッドアリオン

Twitter(←クリック)では競馬ネタや競馬のニュースを中心につぶやいています。

読者の方から的中報告(←こちら)を頂戴しています。

 

 

共同通信杯は有料メルマガ「馬体診断&重賞データ」(←クリック)で本命に推したスワーヴリチャードが勝利し、2着に自信の穴馬エトルディーニュが入り、馬単4860円4点、3連複2260円本線3点、3連単16620円本線3点的中。

このレースは情報が乏しかったチャロネグロの扱いを除けばほぼ読み切ることが出来ました。

過去のレースを分析し、お伝えしたどおりの結果となりましたが、読者の方は是非来年以降も重賞データをおつかいください。

昨年は不運が多かったですが、最近は超高配当を狙い過ぎて予想に素直さを欠く面があったと思います。

来週からG1レースが始まりますが、その前に修正でき、調子が上がってきたことは何よりだと思います。

競馬に対し誠実に取り組んでいることをご理解頂いているためか、結果が出なかった時もクレームなどを頂くことはありませんでしたが、今後も報いることが出来るよう丁寧に予想をしていきたいと思います。

エトルディーニュは読者の方の利益を守るため、無料メルマガでの配信を見合わせましたが、今後も応援して頂いた方やマナーを守ってくださる方を大切にしたいと思いますので、これまでご購読頂きました有料メルマガ旧読者の方へお届けさせて頂きました。

それほど人気薄というわけではありませんでしたが、お役に立っていれば幸いです。

下記は配信でお届けしている考察のごく一部ですが、今後の参考となれば幸いです。

※ 有料メルマガ読者の方の利益を守るため割愛部分があります。

[結論]

近年のレースをみると、リアルスティール、ドゥラメンテで決着した2015年、ゴールドシップ、ディープブリランテで決着した2012年が最もレベルが高い。

後の皐月賞馬であるディーマジェスティ、イスラボニータなどが勝った2016年、2014年などが水準よりやや高いくらいのレベル。

ハンソデバンドが勝利した2010年は、ダノンシャンティが2着、アリゼオが3着にきており、水準くらいのレベル。

2011年はナカヤマナイトが勝利したが、ベルシャザール、ダノンバラードといったクラシック好走馬も出走しており、レベルは高くはないが層が厚かった。

ラウンドワールド、ゴットフリートが人気になっていた2013年のレベルが最も低い。

水準くらいのレベルである可能性が高く、層はまずまず。

人気薄の馬が結果を残し、トンビが油揚げをさらっていくという結果になるケースも十分考えられる。

ムーヴザワールドはデビュー前の馬体写真を見ると、背中のラインなど全体的なフォルムは非常に美しい。問題はしなやかさにかける点。時計のかかる馬場が合う点もよくない。距離は1800m以上、広いコースが合い、条件、そして状態も申し分ない。

スワーヴリチャードはデビュー前の馬体写真を見ると、先行していいタイプの中距離馬で、決め手では劣ると考えた。しかし、デビュー前よりも身体を大きく見せながら、非常にしなやかな走法をしており、スケールを感じさせる。重賞まではどうかと感じたが、評価を上方修正したい。トップスピードが高く、いい脚をつかう馬で、距離は十分2400mまでもつ。前走東スポ杯2歳Sは僅差の2着に敗れたが、スタートで後手を踏んでいなければ勝利していた可能性が高い。状態も問題ない点から狙いたい。

エアウィンザーはエアスピネルの全弟であるが、こちらも兄同様に1600mから2000m辺りがいい。決め手で勝負をするよりも前でのレースが合うはず。前走福寿草特別は体重増が響いたと思われる。今回も若干立派な感があるが許容範囲。これまでより前でレースをすれば好走の可能性が高まると感じるが。

タイセイスターリーはミッキーアイルの半弟。兄ほどパワーはないが、兄と同じように前でのレースが合い、兄と同様に距離には限界がある。1400mがベストと考えたが、1600m以下がいいか。デイリー杯2歳で敗れているが、体重増が響いたものと思われる。前走シンザン記念で2着と好走しているが、距離延長でパフォーマンスを下げる可能性があり、割り引いて考えたい。

エトルディーニュは1勝しか挙げていないが、500万条件で2着が2回あり、その際の勝ち馬は朝日杯FSを勝ったサトノアレス。アイビーSでは3着に終わっているが、勝ったのは阪神JFを制したソウルスターリングで、2着もペルシアンナイトという実力馬であった。勝ち味に遅いタイプであるが、馬場は大きな追い風となる。人気がなければ狙ってみたい。

今回はスケールの大きさや内枠に入った点からスワーヴリチャードをアタマにした馬単を勝負馬券とする。

相手の優先順位としてはエアウィンザーよりもムーヴザワールドを上にとる。

ビルズトレジャーまで押さえることを考えたが、チャロネグロと比べると末脚の破壊力という点で劣るため外す。

高配当を狙うのであれば、前でレースが出来るエトルディーニュを軸にした組み合わせで。3連単はいったいったの展開を想定しダメもとの組み合わせで。

[推奨馬]

◎ スワーヴリチャード
○ チャロネグロ
▲ ムーヴザワールド
△ エアウィンザー
★ エトルディーニュ

※ 馬券に関しては下記をご参照頂き、資金や当日のオッズなどを勘案して組み立ててください。★が自信の穴馬、☆が穴馬となります。自信の穴馬にも好走の可能性に差があり、好走の可能性が低い場合は、馬連や3連複などのヒモまでに留めています。

基本は馬単(本線重視)
◎→▲ 本線1点
◎→★ 穴1点
◎→○ 穴1点
○→◎ 穴1点

3連複
★1頭軸→◎▲△ 本線3点
○★2頭軸→◎▲△ 穴3点

3連単
◎→★→○▲△ 本線3点
★→◎▲△→◎▲△ 穴6点
★→○→◎▲△ 大穴3点
★→◎▲△→○ 大穴3点

 

有料メルマガ「馬体診断&重賞データ」(←クリック)

 

G1レースの情報などは、もうひとつの無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←PC・スマホ)「重賞注目馬と穴馬データ」(←ガラケー・空メールで登録可)でお届けしています。