先週13番人気激走!!セントウルステークス穴馬

新潟記念は13番人気ファントムライトが3着に、札幌2歳Sは推奨した穴馬8番人気クロコスミアが3着に入り、2日連続穴馬激走。

重賞レースの穴馬は無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)でお届けしています。

新潟記念 13番人気3着 ファントムライト
札幌2歳S 8番人気3着 クロコスミア
アイビスSD 9番人気2着 シンボリディスコ
函館2歳S 10番人気3着 ヒルダ
ヴィクトリアマイル 12番人気2着 ケイアイエレガント
マイラーズカップ 8番人気1着 レッドアリオン
アンタレスS 6番人気1着 クリノスターオー
阪神牝馬S 7番人気2着 ベルルミエール
阪神大賞典 7番人気2着 デニムアンドルビー
フィリーズレビュー 7番人気2着 ペルフィカ
阪急杯 9番人気3着 ローブティサージュ
根岸S 15番人気3着 アドマイヤロイヤル
東海S 9番人気2着 グランドシチー
フェアリーS 8番人気2着 ローデッド

Twitter(←フォローお返ししています)へ多くの読者の方から、的中報告(←コチラ)を頂戴しています。

人気を裏切った要因の一部、2けた人気で激走した穴馬の考察、調教推奨馬は、もうひとつの無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←PCの方)「重賞注目馬と穴馬データ」(←携帯の方)でお届けしています。

セントウルSはマテンロウハピネスを穴馬に推す。

父ダイワメジャーであるが、母の父は凱旋門賞でエルコンドルパサーを2着に降したことにより、日本でも広く知られるモンジュー。

母の父がサドラーズウェルズ系で、母の母はトニービン産駒のオークス馬レディパステルというやや重めの血統。

走法などをみても距離は1600m以下がいい。東京の芝1600mも対応できるが、マイル戦であれば中山の芝1600mの方が合う。

今回距離が忙しい可能性はあるが、どれだけ成長しているかがポイントとなり、それ次第では1200mもこなせるはず。

馬体を見ると、重賞を勝てるだけの素質があり、人気上位の馬との勝負付けが済んでいない点にも魅力を感じる。

京成杯AHなど、その他の穴馬は無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)でお届けします。