穴馬 予想

先週の重賞回顧(2)

更新日:

1日1回のクリック協力をお願い出来れば幸いです。

にほんブログ村 トラコミュ 重賞・メインの予想へ
重賞・メインの予想

[フェブラリーS調教推奨馬]
人気ブログランキング(←現在48位くらい)…フットワークに素軽さと柔らかみがあって内容は良好。かなり人気はないと思われるが、最終追い切りなども注目したい。
FC2 Blog Ranking(←現在56位くらい)…全体的に動きがシャープで力を出せる状態にありそう。
人気のAKB48であるが日本各地に複数の姉妹グループが存在するらしい。
愛知は栄でSKE48、大阪であれば難波でNMB48といった形。
先日SDN48というグループを初めて目にした際に、
「SDN48なら“佐渡新潟”なのか?」
佐渡じゃさすがにご当地すぎる…と思ったが、どうやらSaturDay Nightという意味らしい。
年はとりたくないと思ったけど、そういう問題でもないのか。。。
今回もどうでもいい話に脱線したが、先日行われた京都記念はトゥザグローリーが強い競馬をみせた。
また4歳馬がレベルの強さを証明したことになるが、今年の4歳馬は本当に層が厚くレベルが高い。
今月のサラブレでも4歳馬特集をやっているので読んでみたい。

サラブレ 2011年3月号 [雑誌]
エンターブレイン (2011-02-12)

現4歳の中からキングカメハメハの後継種牡馬も何頭か出そう。
サンデーの血が入っていない馬の方が種牡馬としての価値が高いと思うので、個人的にはルーラーシップを応援したい。
さて、今回は重賞レース回顧の続きを。
なお、回顧はブログ更新の前日に無料メルマガ(下部参照)で配信しています。

○ 京都記念 トゥザグローリー
勝ったトゥザグローリーであるが、本来先行して押し切るタイプのこの馬を、直線で後方から仕掛けて末脚を引き出す鞍上の好騎乗も光った。
ただ、レースをつかわれ続けており状態の下降には注意をしたい。
メイショウベルーガにとって、やはりこの条件はほぼベストで、前走有馬記念よりも状態が上がっていたため高い評価としたが、もう少しペースが流れていればより際どかったと思われる。
本命に推したヒルノダムールは状態がよく、好調を維持している印象であった。
トゥザグローリーとは逆の位置取りになると考えていたが、少し仕掛けが早かった部分もあり、勝ち馬とは騎乗の差もあったか。
3番人気ダノンシャンティに関しては、パドックでもややテンションが上がってレースでも気難しさをみせていたが、そういった点にくわえて58キロを背負って4着という結果であれば悪くない内容。
ヒカルカザブエはこの条件が合い鉄砲駆けする馬であるものの、プラス22キロという体重増で、さがに1年振りのレースでは厳しかったが上積みも見込める。
セラフィックロンプはやや距離が長かったと思われるため距離短縮で。
シャドウゲイトは調教の内容は悪くなかったが、レース後の鞍上のコメントをみる限りまだ良くなる余地がありそうで、まだ見限ることは出来ない。
穴馬はメルマガでお届けしています。共同通信杯の穴馬ユニバーサルバンクが2着に激走!!
きさらぎ賞8番人気2着リキサンマックス、東京新聞杯7番人気2着キングストリートも激走!!
無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)
無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←携帯の方)
無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PCの方)
無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←PCの方)
2つのメルマガを配信。広告のみの配信はほとんどしていません。
血統騎手情報、G1レース考察は裏サイト(←パスワードのみ入力で閲覧可能)でもご覧頂けます。
数字4ケタのパスワードはJRANK 競馬BLOG (←現在20位くらい)で。

-穴馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2020 All Rights Reserved.