穴馬 予想

京都金杯 予想 サダムパテック マイネルラクリマ 考察

更新日:

有馬記念は推奨穴馬9番人気トゥザグローリーが3着に激走!!

重賞の穴馬はまぐまぐでお届けしています。ねつ造はありません。バックナンバーでご確認頂けます。

「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)

 有馬記念9番人気3
着トゥザグローリー、ジャパンカップ14番人気ジャガーメイル、ステイヤーズS6番人気イグアス2着、アルゼンチン共和国杯8番人気3着カワキタコマン
ド、シリウスS5番人気1着ヤマニンキングリー、ローズS10番人気2着マイネイサベル、新潟記念9番人気2着サンライズベガなどが激走!!

京都金杯は前走などで人気を裏切った馬が多く出走してくる。

シルポートは安田記念でマイネルラクリマはオールカマーで人気を裏切ったが評価を割り引いた。

また、ショウリュウムーンはクイーンSで危険な人気馬になる可能性が非常に高かった。

サダムパテックは買うと馬券に絡み、危険と判断した場合は人気を裏切るケースが多く、適性をほぼ掴んでいるように思う。

京都金杯はレースそのものを左右する大きなポイントがあり、まずはその点を見極めることが求められる。

サダムパテック
※ 下記はセントライト記念時の考察の一部

「馬体をみると、距離には限界があり1600mから2000m辺りの距離が合う。

全体的なボリュームなどから先行した方がいい。

前々走の皐月賞では、余裕残しだった弥生賞と比べると、筋肉のつき方に良化がみられ、毛ヅヤもよくなってきており、調教で動いている点からも確実に状態は上昇しており本命に推した。

前走のダービーでは2番人気に支持されていたが距離が合わず、距離の不安が頭をもたげてくる可能性が高いと感じ、レースの適性で劣る点から馬券の対象から外した。

そういった点を考えると大きく崩れる危険性をはらんでおり、これまでの実績のから支持はされるだろうがオッズに見合わない存在といえる。」

マイネルラクリマ
※ 下記はオールカマー時の考察の一部

「2歳時はもっと胴が長い馬であったが、かなり全体のボリュームが増してきて体型が全く変わってきた印象。

先行する競馬が合い、1600mから2000m辺りの距離がベストで、落ち着いたペースの中で先行する競馬が最も力を発揮できる。

2歳時から高い資質を感じさせ、新潟2歳Sでは穴馬に推したが10番人気2着と走ってくれた。

牧場でアクシデントがあったようであるが、調教で一杯に追われて反応がよくなかった点が気になるところ。

また、距離の部分にも一抹の不安がある。」

ダノンバラード、アクシオンなど中山金杯出走馬の考察はこちら(←PCの方)か、こちら(←携帯の方)でご覧下さい。

過去京都金杯で人気薄で走った馬の穴馬好走要因はこちら(←PCの方)か、こちら(←携帯の方)でご覧下さい。

-穴馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.