京都記念 穴馬 出走馬考察

京都記念の穴馬、共同通信杯の人気薄の調教推奨馬を競馬 ブログランキングの紹介文へ更新。

 

 

京都記念のもう1頭の穴馬は無料メルマガでお届けします。

シルクロードステークスは無料メルマガで8番人気ヒルノデイバローを穴馬としてお届けするも4着。

京成杯は7番人気ガンサリュートが2着に。

フェアリーステークスは7番人気モリトシラユリが3着、11番人気ジャストザマリンが4着と惜しいレース。

重賞レースの穴馬は無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PC・スマホ) 「重賞激走穴馬!!」(←ガラケー・空メールで登録可))でお届けします。

京成杯 7番人気2着 ガンサリュート
フェアリーS 7番人気3着 モリトシラユリ
武蔵野S 8番人気1着 タガノトネール
スワンS 8番人気2着 サトノルパン
セントウルS 9番人気3着 ラヴァーズポイント
新潟記念 9番人気3着 ロンギングダンサー
北九州記念 8番人気1着バクシンテイオー
中京記念 7番人気1着ガリバルディ
マーメイドS 6番人気1着リラヴァティ
安田記念 8番人気1着ロゴタイプ
福島牝馬S 14番人気1着マコトブリジャール
チューリップ賞 10番人気3着 ラベンダーヴァレイ
アーリントンカップ 9番人気2着 ダンツプリウス
ローズS 7番人気1着 タッチングスピーチ
京成杯AH 13番人気1着 フラアンジェリコ
新潟記念 13番人気3着 ファントムライト
札幌2歳S 8番人気3着 クロコスミア
アイビスSD 9番人気2着 シンボリディスコ
函館2歳S 10番人気3着 ヒルダ
ヴィクトリアマイル 12番人気2着 ケイアイエレガント
マイラーズカップ 8番人気1着 レッドアリオン

Twitter(←クリック)では競馬ネタや競馬のニュースを中心につぶやいています。

読者の方から的中報告(←こちら)を頂戴しています。

 

ヤマカツライデン

母の母は阪神JFを勝ち、秋華賞でも2着と好走したヤマカツスズラン。父シンボリクリス、母の父ダンスインザダークという血統で、いずれの影響が強いかは微妙だが、距離適性の面から母の父の影響が出ているか。

持続力を生かす前でのレースが合う。距離は延びた方がよく、特異な条件に適性があり、重賞でも条件が合うレースで結果を残す可能性がある。

特異な条件に適性があり、重賞でも条件が合うレースで結果を残す可能性がある。

前走日経新春杯で敗れているが、合う条件に該当しなかった。

状態もそれほどよくなく、体重も増えていた。

ペースが落ち着けば、好走の可能性はあるが。

 

ミッキーロケット

母の父がピヴォタルは海外でビッグレースを勝っている多くの一流馬を出しているが、日本では実績がないため、体型など詳細な情報がない。

ミスプロやヌレイエフのクロスがある点からも何とも言えないが、首さしの太さなどは父キングカメハメハの影響が出ていると思われ、同じ父を持つトゥザグローリーに体型が似ている。

距離は1800m以上がよく、2400mまでこなしそう。

3歳春の時点で重賞を勝てる可能性があるとお伝えしたが、やはり素質はある。

2012年にこのレースを勝っているトゥザグローリーと体型が似ている点は好材料。

3歳秋の段階では、能力的に上積みの余地を感じさせた。今回、昨秋から成長している感はそれほどない。

状態面においては、マカヒキ、サトノクラウンに対し、アドバンテージがある。

 

ガリバルディ

重賞で活躍しマルカシェンクやザレマの半弟で、父がディープインパクトに変わっている。

全体の骨格や上半身に体高があるフォルムは同じ父を持つステファノスによく似ている。

3歳の共同通杯時点で、全体のバランスは良好で、重賞を複数勝てる素質があるとお伝えした。

結果を残すことが出来ないのは脚元に不安があるためか。時間はかかったが、2016年になり軌道に乗ってきたよう。

手脚の長さや骨格がしっかりしている体型、それに伴って合うレースなどはブロードストリートにも似ているが、ガリバルディ、ステファノス、ブロードストリートはいずれも藤原厩舎の馬で、調教師の馬体の好みが反映されている。

実績はハンデ重賞1勝のみであるが、素質はそこまで劣らない。

 

サトノクラウン

父母ともにあまりの馴染みのない血統で、どちらの特徴が出ているか定かではない。

心肺機能の面から、昨年の京都記念のように前でレースをした方がいいかもしれない。コースはそれほど問わない。

ダイナミックな身体の使い方に非凡なものを感じさせる点。

3歳の弥生賞では腹のラインがボテッとしており、休み明けの影響を感じさせ、出来に関しては9割程といったところであったが、完勝するという高いパフォーマンスをみせている。

レース前に今後も重賞で活躍する可能性が高く、非凡な武器を持っており、重賞よりも上のレベルで通用しえ、将来性は高いとお伝えした。

問題はムラがあり、あまりあてにならない面がある点。

2016年春のクイーンエリザベス2世Sでも凡走しているが、陣営のコメントを見ても、レース後すぐに息が入っており、力を出し切っていなかったよう。

 

マカヒキ

ディープインパクト産駒であるが、CBC賞などを勝ち、スプリント路線で活躍しているウリウリの全弟。

姉は薄手な体型でスプリント的な体型をしていないが、首が高く、気性的な面が距離適性に影響を与えている面もあるよう。

久しぶりに馬体を見るが、首が高く、肩の角度も窮屈なように感じる。この後、天皇賞(春)には向かわないようだが、やはり距離延長を嫌ったためと思われる。

馬体に長所が多く、弥生賞時に重賞を複数勝てる素質があるとお伝えし、その後評価を上方修正した。

日本ダービーでは力を出せる出来にもあると判断して本命に推した。

今回、コースに若干の不安がある。

 

スマートレイアー

手脚や胴の長さは父ディープインパクトの特徴が出ているが、ボリュームがある点は母方の影響を感じさせる。

3歳秋の時点での完成度も高く、能力的に牝馬G1であれば好走できるレベルにあるとお伝えした。

徐々に成長しているような感がある。

首の使い方がそれほどうまくない点からも1600m1800m近辺に本質がある。

自分でレースをつくり、瞬発力よりも持続力を生かすレースの方が合う。

2014年のヴィクトリアマイルでは8着、2015年は10着という結果に終わっている。

後方からレースをしたことが響いたが、前でレースをしていれば違う結果となっていた可能性もある。

 

アクションスター

上半身の骨格や手脚の長い体形などをみると、明らかに父アグネスタキオンの特徴が出ており、初めて馬体をみた際にすぐに父の仔であることが分かった。

アグネスタキオン産駒はダイワスカーレットがスピードの持続力で勝負をするタイプ、ディープスカイはスピードタイプであったが、この馬はかなり決め手にベクトルが傾いたタイプ。

距離は1600mから2400m辺りが守備範囲で、2000m近辺がベスト。

 

京都記念の穴馬、共同通信杯の人気薄の調教推奨馬を競馬 ブログランキングへ紹介文へ更新。

 

 

 

 

G1レースの情報などは、もうひとつの無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←PC・スマホ)「重賞注目馬と穴馬データ」(←ガラケー・空メールで登録可)でお届けしています。