穴馬 予想

京都記念 予想 トーセンラー ヒルノダムール

更新日:

先週の東京新聞杯は推奨穴馬8番人気ガルボが勝利!!

重賞レースの穴馬は無料メルマガでお届けしています。

「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)

東京新聞杯 8番人気1着 ガルボ
日経新春杯 8番人気3着 マカニビスティー
シンザン記念 9番人気2着 マイネルアトラクト
有馬記念 9番人気3着 トゥザグローリー
ステイヤーズS 6番人気2着 イグアス
ジャパンカップ 14番人気3着 ジャガーメイル
アルゼンチン共和国杯 8番人気3着 カワキタコマンドなど激走!!

まぐまぐでお届けしているため、ねつ造はありません。

トーセンラーは3着と好走した菊花賞以来のレース。

京都では安定して走っており、セントライト記念2着と鉄砲も利くよう。

※ 下記は菊花賞時の考察

「皐月賞ではある程度人気を集めていたものの、レースの条件や、ペースと脚質など点を考慮して馬連の対象から外した。

ダービーは東京芝2400mで行われ、条件としてはほぼベストであったが、フットワークをみると道悪でキレ味がそがれる可能性が高く、蹄の形からも湿った馬場は合わないと感じて押さえまでとしたが、雨に泣かされた部分がある。

前走時も馬体に張りがあって状態面は申し分なかったが、今回はさらに張りが増して良くなっている。

能力的にも高いものをもっており、ある程度人気にはなるかもしれないが、馬場がいい場合は押さえておきたい1頭。」

ヒルノダムールは前走有馬記念では大敗したが、そこから状態面での上昇があるかという点と、58キロが課題となる。

※ 下記は有馬記念時の考察

「天皇賞(春)は後方からレースをすすめる馬に有利な条件となり、持ち味が最大限に生きたことが勝因。

また、最も状態がよかったのは調教でA評価として皮膚の質感なども抜群であった皐月賞であったが、天皇賞(春)時もまずまず皮膚に透明感を感じさせ、状態はよかった。

今回はややボテっとしたつくりで、若干冬毛が伸びており、体調はまずまずといった程度で、強調材料には欠ける。

後方からレースをして決め手が生きる流れにはなりづらいと思われ、状態面からも割引が必要となる。」

ツイッター(←クリック)でも情報をお届けしています。

フォローをお返ししていますので、よろしくお願いいたします。

共同通信杯とクイーンCの穴馬の特徴はもうひとつの無料メルマガでお届けしました。

バックナンバーでご覧下さい。

こちら(←PCの方)か、こちら(←携帯の方)でご覧下さい。

-穴馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.