競馬 予想

京都記念 予想 ウインバリアシオン 考察

更新日:

先週の東京新聞杯は推奨穴馬8番人気ガルボが勝利!!

重賞レースの穴馬は無料メルマガでお届けしています。

「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)

東京新聞杯 8番人気1着 ガルボ
日経新春杯 8番人気3着 マカニビスティー
シンザン記念 9番人気2着 マイネルアトラクト
有馬記念 9番人気3着 トゥザグローリー
ステイヤーズS 6番人気2着 イグアス
ジャパンカップ 14番人気3着 ジャガーメイル
アルゼンチン共和国杯 8番人気3着 カワキタコマンドなど激走!!

まぐまぐでお届けしているため、ねつ造はありません。

ウインバリアシオンは菊花賞2着と好走し、5着という結果に終わったジャパンカップ以来のレースとなる。

前走ジャパンカップで状態がそれほどよくなかったが、今回も休み明けで仕上がりが気になるところ。

56キロで出走できるため、その点が取捨のポイントとなる。

※ 下記はジャパンカップ時の考察の一部

「神戸新聞杯ではオルフェーヴルに完膚なきまでにやられ、まさに完敗という内容であったが、前半100mが1分3秒5とかなりのスローペースとなり、そこで瞬発力を身上としたオルフェーヴルよりも後方からレースをしたのであれば、あの結果は必然といえる。

瞬発力に特化したタイプではなく、差す競馬をする場合はある程度ペースが上がった方がいい馬で、神戸新聞杯などは流れが向かなかった。

ダービーでは後方からレースをすすめた馬が上位にきているが、タフな流れになった点、そして蹄の形から時計がかかる馬場になった点も好走の要因だろう。

そういった点から菊花賞では前目の位置でレースをして、積極的に仕掛けるレースをした方がオルフェーヴルを脅かすことが出来ると感じたが、鞍上は最後方からのレースを選択した。

前々走神戸新聞杯では休み明けながら無駄肉がついておらず体重が増えていれば成長分として考えてもいいとお伝えしたが、プラス18キロはほぼ成長分。

今回は輸送を控えていることもあるが、全体的にぼやっとした印象で、毛ヅヤなどをみても体調面で不透明な部分がある。

レースの結果や馬体重をみると寒い時期は体重を絞りづらい馬である可能性があり、崩れればその点が影響してということになる。

距離とコースなどの適性は高いが、ペースが落ち着く可能性があり瞬発力勝負では分が悪いため、評価を割り引きたい。」

ツイッター(←クリック)でも情報をお届けしています。

フォローをお返ししていますので、よろしくお願いいたします。

共同通信杯とクイーンCの穴馬の特徴はもうひとつの無料メルマガでお届けしました。

バックナンバーでご覧下さい。

こちら(←PCの方)か、こちら(←携帯の方)でご覧下さい。

-競馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.