穴馬 予想

京王杯SC 穴馬マルカフェニックス2着に

更新日:

※ 後ほど考察を更新します。
京王杯SCは「重賞激走穴馬!!」(←クリック)でお届けした推奨穴馬マルカフェニックスが2着に。
PCの方はコチラ(←クリック)
下記はお届けした考察。
京王杯SC出走馬の人気をみるとエーシンフォワード、サンカルロといった高松宮記念組、そして前年の覇者スズカコーズウェイ辺りだろうか。
ただ、過去10年のレースをみると、まぎれのあるコースではなく別定戦にもかかわらず1番人気の連対はなく、人気馬はさして信頼できない結果に終わっている。
穴馬には調教の動きがよかったケイアイダイオウと、そして人気がなければ近走の結果を参考外として扱うことが出来るマルカフェニックスもくわえたい。
ケイアイダイオウはパワー型で坂路は動くタイプと思われ、割り引きが必要かもしれないが、動きに力強さがあって勢いも感じさせる。
京王杯SCで、人気薄でくるのは前走のレースである程度の結果を残していた馬。名よりも実と言ったところか。
2009 スズカコーズウェイ 8番人気1着 朱雀S1着
2005 アサクサデンエン  6番人気1着 マイラーズカップ3着
2005 オレハマッテルゼ  5番人気2着 晩春S1着
2003 キスミーテンダー  6番人気2着 マイラーズカップ2着
2002 グラスワールド   6番人気2着 ダービー卿CT1着
2002 ビリーヴ      7番人気3着 淀屋橋S1着
2001 スカイアンドリュウ 7番人気2着 朱雀S1着
2000 スティンガー    5番人気1着 京都牝馬特別1着
2000 タイキブライドル  7番人気3着 マイラーズカップ2着
※ 穴馬データはもうひとつの無料メルマガでもお届けしています。登録は下記参照。
ケイアイダイオウも連勝中で勢いがあり、過去の傾向に符合する。
今回タマモナイスプレイの回避もあり、確たる逃げ馬もみられずペースは上がらないと思われる。
そのため、ある程度前目の方で競馬が出来れば、状態面からも一発があるのではないかと感じる。
マルカフェニックスに関しては前走が休み明け、前々走はハイペースと明確な敗因があった。
また、スプリンターズS、セントウルSの後方からの競馬が敗因。
阪神や中山の外回りコースなどの方が力を出せるとは思うが距離もベストで、このレース向きの決め手も有している。
調教の動きも問題なさそうで、人気がなければ面白い1頭。
ブエナビスタ、アイアムカミノマゴを追加。
ヴィクトリアマイル出走予定馬の考察は裏サイト(←パスワードを入力下さい)に更新しました。
パスワードのみ入力で閲覧可能です。
数字4ケタのパスワードはランキングで。
人気ブログランキングへ
順位は左サイドバーでご確認ください。
なお、当ブログ次回更新時にパスワードは変わります。
閲覧方法などが分からない場合は、ツイッター(←コチラ)へお願いいたします。

-穴馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2020 All Rights Reserved.