京成杯AH 穴馬 予想

京成杯AH 馬体診断

更新日:

私がまとめた無料レポートです。

「絶対に買ってはいけない人気馬を消す。」(←クリック)

競馬をやっていると危険な人気馬というものの存在を聞いた事があると思います。
そんな危険な人気馬の見つけ方をご紹介します。

[京成杯AH 各馬の考察]
サトノプログレス
無駄肉もつかず、毛ヅヤもよく休み明けながら状態は上々。
後肢がやや貧弱で、坂を苦にする可能性があるが、内回りの1600mは悪くない舞台。
つなぎの角度が寝ており、ある程度のペースで先行するのが合うタイプ。
上手く先行出来れば大きく崩れる可能性は低いように感じる。

クーヴェルチュール
毛ヅヤがよく、メリハリもあって状態は上々。
ただ肩の角度がたい、腹のラインをみる限り、スプリンターであると感じる。

キストゥヘヴン
前走に比べて腹のラインなどやや余裕があると感じる。
しかし調教の動きはよく、このレースで強いノーザンテーストの血が入っている馬が強い事から積極的に買いたい1頭。

ステキシンスケクン
この条件で2勝しているように、前後肢のボリュームの比率やつなぎの角度から、内回りで坂のあるコースはぴったり。
ただ、前走より少し馬体がボテッとした印象。

リザーブカード
肩の角度をみると、スプリント向き。
状態は、毛ヅヤはいいが後肢が少し貧弱。

レッツゴーキリシマ
胸前のつくりなどをみると、心肺機能が高そうで、先行する競馬が合うタイプ。
1600mまでしか実績がないが、距離が延びていいタイプと感じる。
春先はアバラが浮き出ていたが、実が入った印象で成長を感じさせる。

ヤマニンエマイユ
かっちりした馬体のラインは母の父トニービン譲りのものと思われる。
全体のボリュームやつなぎなどをみると、コースは問わないタイプで距離は2000mまではもつ。
腰がやや甘い部分があるが、張りがあって状態は悪くない。
牝馬同士の重賞であれば、間違いなく勝負になる。

上記の考察は無料メルマガ「馬体は嘘をつかない」(←クリック)でお届けしたものです。

無料メルマガ「馬体は嘘をつかない」(←クリック)では重賞の穴馬や穴馬データをお届け。
夏競馬も絶好調!!推奨穴馬激走中です。

札幌記念 5番人気1着タスカータソルテ
マーメイドS 10番人気2着ピースオブラヴ
プロキオンS 7番人気1着ヴァンクルタテヤマ
クイーンS 12番人気3着フミノサチヒメ

有料メルマガ「馬体診断&重賞データ」(←クリック)では毎週重賞を1レース、馬体診断と調教判定で推奨馬をお届け。
重賞の性格を読み解くため、血統やタイム、ローテーションなどレースごとに項目が違う、毎年使える重賞データと解説をお届けしています。

「競馬予想 馬体診断&競馬、重賞データで予想」←トップページへはこちらから

-京成杯AH, 穴馬 予想
-,

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2022 All Rights Reserved.