競馬 予想

中山金杯 出走馬考察

投稿日:

重賞レースの穴馬は無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PC・スマホ) 「重賞激走穴馬!!」(←ガラケー・空メールで登録可))でお届けします。

武蔵野S 8番人気1着 タガノトネール
スワンS 8番人気2着 サトノルパン
セントウルS 9番人気3着 ラヴァーズポイント
新潟記念 9番人気3着 ロンギングダンサー
北九州記念 8番人気1着バクシンテイオー
中京記念 7番人気1着ガリバルディ
マーメイドS 6番人気1着リラヴァティ
安田記念 8番人気1着ロゴタイプ
福島牝馬S 14番人気1着マコトブリジャール
チューリップ賞 10番人気3着 ラベンダーヴァレイ
アーリントンカップ 9番人気2着 ダンツプリウス
ローズS 7番人気1着 タッチングスピーチ
京成杯AH 13番人気1着 フラアンジェリコ
新潟記念 13番人気3着 ファントムライト
札幌2歳S 8番人気3着 クロコスミア
アイビスSD 9番人気2着 シンボリディスコ
函館2歳S 10番人気3着 ヒルダ
ヴィクトリアマイル 12番人気2着 ケイアイエレガント
マイラーズカップ 8番人気1着 レッドアリオン

Twitterでは競馬情報についてつぶやいています。

読者の方から的中報告(←こちら)を頂戴しています。

 

今回は中山金杯出走馬の考察をお届けします。

有料メルマガ「馬体診断&重賞データ」では、より馬券に直結する情報をお届けしています。

 

マイネルフロスト

父はディープインパクトの全兄ブラックタイド、母の父はグラスワンダーという血統であるが、どちらにも似ておらず、母の母方の特徴が出ているのかもしれない。比較的瞬発力にベクトルが傾いており、決め手で勝負をするタイプ。距離は2000m近辺が合う。

札幌2歳Sの時点では能力的に高いレベルでやるには物足りなさがあったが、それ以後重賞で好走できるだけの素質はあるとお伝えしてきた。

上手く首を使うことが出来ないが、それを矯正するためにシャドーロールをつけており、フットワークに柔軟性が出てきた。

ダービーで3着と好走しているが、出走馬のレベルからもそこまでの能力はない。今回、距離など条件は悪くない。

 

クラリティスカイ

手脚や胴の長い体型は父スペシャルウィークの影響が強く出ているよう。朝日杯FS時に重賞を勝てるだけの素質はあるとお伝えしたが、NHKマイルカップの勝利は前半47秒2、後半46秒3とペースが落ち着いた点が追い風となった。

距離は1600mから時計の速い馬場であれば2400mまで対応できる。松田国英厩舎所属でよりボリュームはあったが、同じクロフネ産駒で、NHKマイルカップで2着、ダービーで3着と好走したブラックシェルと似たイメージの馬。

 

ツクバアズマオー

父ステイゴールド、母の父ジャイアンツコーズウェイという血統で、いずれの影響が出ているかは微妙な部分があるが、身体が柔らかい。

後肢のつくりからもどちらかと言うと先行していいタイプで、中距離が合う。芝2200mでも結果を残しているが、2000mがベストと感じる。

9番人気で3着と好走した函館記念では、まずまず素質があると考え穴馬に推したが、その後もオープンで結果を残している。

 

ストロングタイタン

父母いずれも馴染みのない血統であるが、丸みを帯びた体型。

先行していい馬で、距離はもって2000mまでと感じる。

今回、条件は悪くなく、3連勝中で底を見せていない。

 

ダノンメジャー

父ダイワメジャーの特徴が出てきたようで、デビュー前に馬体をみた時よりも骨格が発達している印象。

3歳の共同通信杯時に、全体のボリュームから、スピードで押し切るレースの方が合うとお伝えした。

その後、後方からレースをして結果が出なかったが、直近の2勝はいずれも逃げ切ってのもので、やっとこの馬に合うレースをするようになった。

ペースが落ち着けば、好走の可能性はある。

 

ドレッドノータス

父ハービンジャー、母の父サンデーサイレンスという組み合わせ。母ディアデララノビアは体重が430キロそこそこと小柄であった。この馬は母親と全く異なるタイプで父の影響が出ているよう。

京都2歳Sを勝っているが、前半61秒7、後半59秒6とゆったりしたペースで推移しており、道中13秒台のラップが3つあったことからも前有利のレースであった。

能力的に微妙で、春の3歳重賞では評価を割り引いた。その点からもやはり能力的に別定戦の重賞では厳しいように感じる。

今回はハンデ戦であるが、重賞を勝っているため、明け4歳で55キロを背負い、古馬換算で56キロとなるが、能力に対して斤量を背負わされている感はある。

 

マイネグレヴィル

丸みを帯びたフォルムをみると、父ブライアンズタイムの特徴が出ている。距離は中距離の方がいい。距離は1800m2000m辺りが守備範囲となる。

今回はハンデ戦で、52キロで出走でき、パフォーマンスを上げる可能性はあるが、問題は展開。

 

ロンギングダンサー

馬体のボリュームを見ると、父シンボリクリスエスの影響が出ているように感じたが、骨格ががっしりしていない点から母方の影響が出ているとみるべきか。

距離は1600mから2000mが合い、決め手が生きる条件が合う。過去の馬体写真がないため、状態を比較することができないが、力を出せる出来にある。

 

シャイニープリンス

上半身と下半身のフォルムや骨格、肩の角度が立っている点、馬体にボリュームがある点などローレルゲレイロによく似ており、父キングヘイローの特徴が出ている。

ただ、ローレルゲレイロほどスピードの絶対値が高くないため、能力的に劣る。

脚質はそれほど問わず、マイナス材料がそれほどない。馬体写真がないため、状態を確認できないのが悩ましいところ。

 

ライズトゥフェイム

骨格が発達し、ボリュームのある体型など、体型がダイワマッジョーレに似ている。

昨年尾中山金杯はペースが落ち着いて脚を余したが、上がり最速をマークしているように能力の一端は示し、重賞でもやれることを証明している。

 

カムフィー

デビュー前の馬体写真を見ると、かなり若駒の時期でそれほど確度のある情報に結びつかないが、肩の角度などから、やはり長い距離が合うよう。

2015年のダイヤモンドSで3着と好走しているが、2016年のダイヤモンドSでは大敗しており、昨年から斤量が3キロ増えて54キロと斤量が増えていた。

しかし、別定戦のステイヤーズSで2着と好走しており、能力的には問題なかったはず。

 

ランキングが上がっていれば、また情報を更新していきます。一日一回クリックの協力をお願いします↓


中央競馬 ブログランキングへ

もうひとつの無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←PC・スマホ)「重賞注目馬と穴馬データ」(←ガラケー・空メールで登録可)では重賞レースの考察や穴馬の特徴など、予想に役立つ情報をお届けしています。

-競馬 予想
-, ,

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2017 All Rights Reserved.