競馬 予想

中山金杯 京都金杯 穴馬の特徴

投稿日:

ご購読頂きましてありがとうございます。

今回は2010年以降の京都金杯と中山金杯の穴馬の特徴をお届けします。

2009年以前の穴馬の特徴は、もうひとつの無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←PC・スマホ)「重賞注目馬と穴馬データ」(←ガラケー・空メールで登録可)でお届けしています。

[京都金杯 穴馬好走要因]

2016年13番人気2着テイエムタイホー:実績上位で後方からレースをする馬が多かったが、それらに不安があり、ペースは水準くらいであったが、前の馬が残る結果に。スタートを決めて先行できたことが非常に大きかった。

2014年6番人気1着エキストラエンド:初めてのマイル戦であったが、東京で3勝と直線が長いコースが合い、決め手も有していた。ペースが流れてスタミナが要求される条件となったことも大きな追い風に。

2012年10番人気3着アスカトップレディ:重賞を複数勝てる素質を持っており、53キロという斤量は有利であった。前走愛知杯は厳しい流れとなったことが敗因で前々走は勝利しており、底をみせていなかった。

2011年7番人気1着シルポート:前半800m47秒4とペースが落ち着いて展開の恩恵があった。前走ファイナルSをハンデ戦で56キロを背負いながら勝利。前々走鳴尾記念ではハイペースで逃げながら4着と崩れておらず過小評価。

2010年5番人気1着ライブコンサー:ムラ馬も東京や、京都・阪神外回りコースのマイル戦で5勝。コースの適性にくわえて、減っていた馬体重もプラス12キロと回復しており復調もあった。

2010年13番人気7着レインダンス:たたき3走目で走り頃。京都のマイルも合い、ペースが流れたことも追い風となった。

[中山金杯 穴馬好走要因]

2014年8番人気2着カルドブレッサ:前半1000m59秒4とペースが速くなり、決め手が生きる流れに。54キロで出走し斤量の恩恵もあったが、ペースが流れた割に時計が遅く、出走馬のレベルも高くなかった。

2011年11番人気2着キョウエイストーム:前走、前々走大敗も、中山芝3勝、京成杯AH2着と中山は滅法強く、コース変わりが好走の最大の要因。

2010年15番人気3着トウショウウェイヴ:前走、前々走で大敗し、右回りが嫌われて人気を落としていた。好走の要因みられずも、初めてつけたブリンカーの効果がてきめんであったよう。

ランキングが上がっていれば、また情報を更新していきます。一日一回クリックの協力をお願いします↓


中央競馬 ブログランキングへ

重賞レースの穴馬は無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PC・スマホ) 「重賞激走穴馬!!」(←ガラケー・空メールで登録可))でお届けします。

武蔵野S 8番人気1着 タガノトネール
スワンS 8番人気2着 サトノルパン
セントウルS 9番人気3着 ラヴァーズポイント
新潟記念 9番人気3着 ロンギングダンサー
北九州記念 8番人気1着バクシンテイオー
中京記念 7番人気1着ガリバルディ
マーメイドS 6番人気1着リラヴァティ
安田記念 8番人気1着ロゴタイプ
福島牝馬S 14番人気1着マコトブリジャール
チューリップ賞 10番人気3着 ラベンダーヴァレイ
アーリントンカップ 9番人気2着 ダンツプリウス
ローズS 7番人気1着 タッチングスピーチ
京成杯AH 13番人気1着 フラアンジェリコ
新潟記念 13番人気3着 ファントムライト
札幌2歳S 8番人気3着 クロコスミア
アイビスSD 9番人気2着 シンボリディスコ
函館2歳S 10番人気3着 ヒルダ
ヴィクトリアマイル 12番人気2着 ケイアイエレガント
マイラーズカップ 8番人気1着 レッドアリオン

Twitterでは競馬情報についてつぶやいています。

読者の方から的中報告(←こちら)を頂戴しています。

-競馬 予想
-, ,

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2017 All Rights Reserved.