穴馬 予想

中山金杯 予想 サダムパテック マイネルラクリマ 考察

更新日:

有馬記念は推奨穴馬9番人気トゥザグローリーが3着に激走!!

重賞の穴馬はまぐまぐでお届けしています。ねつ造はありません。バックナンバーでご確認頂けます。

「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)

 有馬記念9番人気3
着トゥザグローリー、ジャパンカップ14番人気ジャガーメイル、ステイヤーズS6番人気イグアス2着、アルゼンチン共和国杯8番人気3着カワキタコマン
ド、シリウスS5番人気1着ヤマニンキングリー、ローズS10番人気2着マイネイサベル、新潟記念9番人気2着サンライズベガなどが激走!!

コスモファントム
※ 下記は七夕賞時の考察

「胴の短さやボリュームから距離は1600m1800m辺りがベストで、潜在的なスタミナが要求される条件が向かない点から馬連の対象から外したが、敗因は明確で完全に参考外として扱うべき。

ある程度ペースが落ち着いた中を先行する競馬が合い、シュッと抜け出す脚をつかって直線で抜け出すという競馬が最も力を発揮できる。

中山金杯では馬体にまずまずメリハリを感じさせて毛ヅヤも良好でAJC杯においても皮膚の薄さは良好で体調はかなりよかったが、今回は休み明けということもありそれらの時と比べると状態が落ちる。

57.5キロという斤量も気になるところで、休み明けはかなり走る馬であるため押さえておきたいが、軸は避けた方が無難。」

ゲシュタルト
※ 下記はオールカマー時の考察

「ダービーでこの馬より上の順位のエイシンフラッシュ、ローズキングダム、ヴィクトワールピサの3頭がいずれもG1馬であることを考えると、必然的に高い評価が必要となる。

昨年このレースと同じ中山芝2200mという条件で行われるセントライト記念で敗れているが、想定外の速いペースとなり、やや馬体が立派過ぎた点や出来が戻りきっていなかったことも影響したよう。

そういった部分の変化が大きくプラスに作用することもあり、能力の高さからも押さえることを検討したい。

母の父エンドスウィープの影響を強く感じさせ、先行していいタイプ。

ただ、エンドスウィープ産駒のアドマイヤムーンやスイープトウショウほど筋肉が発達しておらず物足りなさがある。

そこまで距離に融通が利く馬ではなく、ベストは2000mから2400m辺りの距離。」

ダノンバラード、アクシオンなど中山金杯出走馬の考察はこちら(←PCの方)か、こちら(←携帯の方)でご覧下さい。

サダムパテック、マイネルラクリマなど、京都金杯出走馬の考察や、過去人気薄で走った馬の穴馬好走要因はこちら(←PCの方)か、こちら(←携帯の方)でご覧下さい。

-穴馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.