競馬 予想

七夕賞とプロキオンSの穴馬は間もなく配信

更新日:

穴馬などお役に立っていれば一日一回クリックの協力をお願いいたします。

人気ブログランキング

穴馬は無料メルマガで間もなく配信。

「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)

※ 下記は配信でお届けした穴馬

函館スプリントS 11番人気3着 ビスカヤ
ユニコーンS 8番人気3着 タイセイシュバリエ
日本ダービー 6番人気2着フェノーメノ
目黒記念 6番人気3着 コスモロビン
京王杯SC 13番人気3着 インプレスウィナー
スプリングS 11番人気3着 ロジメジャー
フィリーズレビュー 8番人気2着ビウィッチアス
中山牝馬S 7番人気2着 オールザットジャズ
オーシャンS 5番人気2着 グランプリエンゼル
中山記念 7番人気2着 シルポート
アーリントンC 6番人気3着 アルキメデス
東京新聞杯 8番人気1着 ガルボ
日経新春杯 8番人気3着 マカニビスティー
シンザン記念 9番人気2着 マイネルアトラクト
有馬記念 9番人気3着 トゥザグローリー
ステイヤーズS 6番人気2着 イグアス
ジャパンカップ 14番人気3着 ジャガーメイル

「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)

函館スプリントSは無料メルマガ推奨穴馬11番人気ビスカヤが3着に激走!!

※ 下記は配信でお届けした考察

函館スプリントSはキングレオポルドを穴馬に推す。

キンシャサノキセキによく似ており、父フジキセキの影響が強いと思われる。

馬体をみると重賞レースでも通用するだけの能力はあるが、不得手な条件で好走出来るかは微妙な部分があり信頼度に欠ける。

ただ、状態は上々で確実に脚をつかってくるはず。

もう1頭、ビスカヤも穴馬に推す。

初勝利は1400mであるが、クラスが上がってから結果を残しているのは全て1200mのレースで、前走、前々走はともに1400mのレースのため距離短縮がプラスになりえ、休み明けをつかわれての上積みも期待できる。

3走前に1600万条件の山城Sで2着と好走しており、能力が足りないという訳でもない。

馬場が悪化すればより好走の可能性が増し、人気薄で走ることが多い点からも面白い存在。

※ 下記は無料メルマガでお届けした考察

タイセイシュバリエは3走前のレースで内容があり、距離延長も問題ないため押さえておきたい。

道悪のレースで2勝しており、前々走の兵庫チャンピオンシップでも2着しているが、馬場悪化で好走の可能性が増す。

※ 下記は無料メルマガでお届けした考察

日本ダービーはフェノーメノを穴馬に推す。

胴が短めで丸みを帯びた身体のラインやボリュームなどをみると、父ステイゴールドよりも母の父デインヒルの特徴が出ている。

距離にはやや限界があるが、スピードの絶対値が高い馬。

前々走は腹のラインがボテってしており、余裕残しがあったようでその点が大きく響き、前残りのレースでもあった。

前走青葉賞は2着に0秒4差をつけ、2分25秒7という時計で勝っており、上がりも34秒1と際立った数字を残している。

現状での完成度が高く、馬体に張りがあり状態がいい点などからも評価が必要な1頭。

※ 下記は無料メルマガでお届けした考察

コスモロビンは馬体写真がない点からレースの適性や能力を測りかねるが、2500mのレースを2勝しており、潜在的なスタミナが要求されるこのレースの傾向に符合する。

前走天皇賞(春)は後方からのレースとなり出番がなかったが、55キロであれば好走も可能。

そして、52キロで出走出来、斤量面で大きなアドヴァンテージがあり、長距離レースでも実績があるエアポートメサも押さえる必要がある。

※ 下記は無料メルマガでお届けした考察

インプレスウィナーは東京芝1400mでOP特別を含む3勝を挙げておりここは得意の条件で前走は上がり2位をマークして勝利。

今回相手は揃っているが、現在13番人気と人気はほとんどなく、先行するレースも可能で狙ってみたい1頭。

穴馬は無料メルマガで間もなくお届けします。

「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)

まぐまぐでお届けしているためねつ造はありません。

もうひとつの無料メルマガの次回配信では函館記念と函館2歳Sの情報をお届けします。

「重賞注目馬と穴馬データ」(←PCの方) 「重賞注目馬と穴馬データ」(←携帯の方)

-競馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.