ローズステークス 競馬 予想

ローズS 回顧 次走くる馬こない馬

更新日:

新潟2歳Sでは状態を推奨した10番人気マイネルラクリマが2着と好走!!
ローズSは6番人気ワイルドラズベリーが2着に。
オールカマーの状態のいい馬は後ほどFC2 Blog Ranking(←ただいま30位くらい)に更新。
神戸新聞杯の状態のいい馬は人気ブログランキング(←コチラ)に更新完了。
携帯の方もOK。順位は40位くらいです。
PCの方は順位は左サイドバーでご確認ください。
今回はローズSのレース回顧をお届けします。
なお、エルムSとセントライト記念のレース回顧は「重賞注目馬と穴馬データ」(←携帯の方はコチラ)でお届けします。
PCの方はコチラ(←クリック)
○ ローズS アニメイトバイオ 1.45.8
距離が芝1800mに変更された過去のレース時計、前半800m上がり3ハロンのタイムを比較すると下記のよう。
2010 アニメイトバイオ  1.45.8  前半46.7 上がり34.3
2009 ブロードストリート  1.44.7  前半46.3 上がり35.2
2008 マイネレーツェル  1.47.3  前半46.9 上がり36.2 (重)
2007 ダイワスカーレット  1.46.1  前半48.0 上がり33.6
2007年はペースが落ち着いて上がりの競馬となったが、先行した2頭が秋華賞で馬券に絡んでいる。
また、2009年は1分44秒7という速い時計で、1着ブロードストリートと2着レッドディザイアが秋華賞でも馬券に絡むレベルの高いレースとなっている。
今年は前半800mの時計が46秒7とまずまず流れているが、
12.2 - 10.6 - 11.3 - 12.6 - 12.4 - 12.4 - 11.6 - 11.0 - 11.7
というラップで推移しており、中盤は3 ハロンに渡って12秒台に落ち着いて瞬発力勝負となった部分がある。
今回春の実績馬が休養を挟んで多数出走してきた。
1番人気のアパパネはプラス24キロという馬体重であったが、パドックでも太めは感じられなかったものの、少なからず影響もあったかもしれない。
また、4コーナーで包まれて直線でもスムースさを欠いてエネルギーをロスする苦しい競馬となった。
直線で不利があったアパパネとは対照的に外を伸びたワイルドラズベリーは能力的にも高いものをもち、馬体に張りがあっては人気ブログランキング(←コチラ)でも推奨したとおり状態がよかった。
能力的にフロックではなく今後も牝馬同士であれば充分重賞レースでの活躍が見込まれる。
アグネスワルツは状態がよかったものの敗れてしまったが、秋華賞では巻き返す可能性を秘めている。
3番人気に推されたオウケンサクラは、近走のレースが恵まれていたことがあり過剰な人気になっていた。
ただ、この馬も本番の秋華賞で人気が落ちている場合は注意をしたい。
エーシンリターンズは配信でも勝ち味に遅い結果になる可能性があるとお伝えしたが、3着という結果で、もう少し前目の位置で競馬をした方がより持ち味が生きたように感じる。
勝ったアニメイトバイオは状態がよかったが、やはりオークスやこのレースでみせたような後方からの競馬が合う。
エルムSは13番人気ピイラニハイウェイを穴馬に推すも4着という惜しい結果で5週連続穴馬激走ならず。
また、無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)でお届けしています。
「重賞激走穴馬」(←PCの方)
4週連続穴馬激走
京成杯AH 7番人気2着 キョウエイストーム
新潟2歳S 10番人気2着 マイネルラクリマ
小倉2歳S 9番人気3着 スギノエンデバー
札幌記念 7番人気3着 アクシオン
北九州記念 5番人気1着 メリッサ
CBC賞 7番人気2着 ダッシャーゴーゴー
目黒記念 7番人気3着 フェニコーン
京王杯SC 6番人気2着 マルカフェニックス
NZT 7番人気3着 レト
「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)
コチラ(←PCの方)
バックナンバーでもご覧頂けます。おかげさまで間もなく読者の方が1600名を突破!!
当ブログでは相互リンクして頂けるサイトを募集中です。
詳しくはコチラ(←クリック)をご覧ください。

-ローズステークス, 競馬 予想
-

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2017 All Rights Reserved.