ローズステークス 競馬 予想

ローズS 予想 出走馬考察

更新日:

重賞レースの穴馬は無料メルマガ
「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)でお届けしています。

新潟記念は10番人気タッチミーノットが2着に、小倉2歳S7番人気ラヴァーズポイントが3着に激走!!

※ 下記は無料メルマガでこれまでお届けした穴馬。

新潟記念 10番人気2着 タッチミーノット
小倉2歳S 7番人気3着 ラヴァーズポイント
クイーンS 10番人気2着 ラブフール
函館記念 8番人気2着 イケトップガン
プロキオンS 12番人気1着 トシキャンディ
函館スプリントS 11番人気3着 ビスカヤ
ユニコーンS 8番人気3着 タイセイシュバリエ
日本ダービー 6番人気2着フェノーメノ
目黒記念 6番人気3着 コスモロビン
京王杯SC 13番人気3着 インプレスウィナー
スプリングS 11番人気3着 ロジメジャー
フィリーズレビュー 8番人気2着 ビウィッチアス
中山牝馬S 7番人気2着 オールザットジャズ
オーシャンS 5番人気2着 グランプリエンゼル
中山記念 7番人気2着 シルポート
アーリントンC 6番人気3着 アルキメデス
東京新聞杯 8番人気1着 ガルボ

多くの方から的中報告(←コチラ)を頂戴しています。

ジェンティルドンナ
※ 下記はオークス(1着)時の考察一部

「父ディープインパクト、母は英G1チェバリーパークS勝ち馬で、ヴィクトリアマイルで2着と好走し、京都牝馬Sを制したドナウブルーを姉にもつ良血。

姉のドナウブルーは3歳春の時点で完成度が低かったが、3歳秋に体重が10キロ以上増えて本格化しており、姉の同時期と比較するとこの馬の方が完成度は高い。

陣営も姉よりひとまわり身体が大きいというコメントを残しているとおり、スピードの絶対値という点ではこちらの方が上。」

ヴィルシーナ
※ 下記はオークス(2着)時の考察一部

「桜花賞で2着と好走しているが、巷間言われるように800mの距離延長はプラス材料。

前走時に距離がやや忙しい点や、脚質的な面から勝ちきれないレースになる可能性があるとお伝えし、勝ち馬の決め手に屈したが、悪いレースではなかった。

上昇度という点ではこの馬が一番で、今週の調教の内容からも状態には太鼓判を推すことが出来る。」

ハナズゴール
※ 下記は札幌記念(4着)時の考察の一部

「桜花賞で本命を予定していたが出走を回避。

NHKマイルカップなどはほぼベストの条件であったが、前走は前半800m47秒3、後半47秒2とゆったりした流れで4コーナー12番手という位置取りのレースで脚を余していた。

前走オークスは、桜花賞を回避してNHKマイルカップで敗れた臨戦過程から、状態面に不透明な部分があったため割り引いたが、回避や順調さを欠いた影響は少なからずあったはず。」」

トーセンベニザクラ
※ 下記はオークス(10着)時の考察一部

「走法や体型などをみると、サンライズマックスによく似ており、父系のサンデーかと思ったが、母の父の父ダンシングブレーヴの特徴が強く出ていると思われる。

中山で行われるフェアリーSを勝っているが、赤松賞においても上がり33秒2という非凡な脚を駆使して勝っており内容のあるレースであった。

近走はいまひとつ結果が出ていないが、アネモネSは休み明けということにくわえてフットワークの大きさから不良馬場が堪えたよう。」

ローズSとセントライト記念の穴馬は無料メルマガ 「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)で、日曜午前9時までにお届けいたします。

もうひとつの無料メルマガの次回配信ではオールカマーの情報をお届けします。

「重賞注目馬と穴馬データ」(←PCの方) 「重賞注目馬と穴馬データ」(←携帯の方)

-ローズステークス, 競馬 予想
-

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.