穴馬 予想

ローズキングダム 考察

更新日:

ローズキングダムは前走スプリングSの敗因は後方から競馬をして敗北。
前走も状態は悪くなかったが、今回はさらに上向いている印象。
※ 下記はスプリングS時の考察
「この馬の一番の良さは身体の柔らかさ。
朝日杯FSの写真の方が分かりやすいが、前肢が身体の内側に入っており、この点が能力の源となり瞬発力につながっていると思われる。
また、全体的な完成度も高く、父とは体型が異なる点にくわえ、その点も今年活躍するキングカメハメ産駒に共通する部分。
ただ、つなぎの角度に対して肩の角度が立っている点は能力的にマイナスで、バランスで劣るため今後G1レースでの活躍は微妙であると感じる。
骨格がしっかりしている点から坂のある中山や阪神も問題なく、距離のベストは1600mから1800m辺りの距離にあると思われる。
前走朝日杯FSは外回りコースで行われる芝1600mであったが、つなぎがやや長めで今回内回りコースに変わってコーナーを4回周るコース形態がどうかなというところ。
状態に関しては弥生賞をつかわれる予定であった点からも臨戦過程に問題はないようで太めは感じられない。」
いつもクリックありがとうございます。
人気ブログランキングへ
ご質問、ご要望等はこちら↓
twitterへRTするこの記事をtwitterへRTする

-穴馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.