穴馬 予想

リーチザクラウン 考察

更新日:

リーチザクラウンは前走フェブラリーSで大敗もダートが合わなかっただけ。
言わずもがなかも知れないが、結果は参考外として扱うことが出来る。
※ 下記はフェブラリーS時の考察
「つなぎの長さから飛びが大きい馬で非常にきれいなフットワークをしている。
走りとともに、馬体をみても流れるような美しいフォルムをしており、薄い皮膚などからも、非常に高い資質を有していることは間違いない。
しかしながら、昨春から触れてきたが完成度が低く、本当によくなってくるのはこの秋以降になると思われる。
掻きこむような走法をするため道悪はこなせ、それがダービーでの構想につながったと思われる。
前走の有馬記念では、トリッキーな中山のコースは本質的に合わないと考え馬券の対象から外した。
ダートに関しても走法などから適性はいまひとつのように感じる。」
いつもランキング (←分かりづらくてすいません)のクリックありがとうございます。
ご質問、ご要望等はこちら↓
twitterへRTするこの記事をtwitterへRTする

-穴馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.