マーメイドステークス 穴馬と危険な人気馬の特徴は?

エプソムカップの穴馬候補を競馬 ブログランキング(←現在80位くらい)の紹介文へ更新。

LINEでも特別な情報をお届けします。

有料メルマガ「馬体診断&重賞データ」(←クリック)は安田記念7番人気1着サトノアラジン本命推奨

夏季限定で8月9月の情報をサービスさせて頂き、2か月購読料金21600円で2017年8月末までの情報をお届けさせて頂きます。

 

無料メルマガでも有料メルマガの情報を一部お届けしています。

読者の方からTwitter的中報告(←こちら)を頂きました。送信頂いた方へ心よりお礼を申し上げます。ありがとうございました。

Twitter(←クリック)では競馬ネタや競馬のニュースを中心につぶやいています。

青葉賞 8番人気3着 アドマイヤウイナー ←的中報告を送って頂いた方へ送信
フローラS 12番人気1着 モズカッチャン
ニュージーランドT 12番人気1着ジョーストリクトリ ←有料旧読者へ送信
日経賞 7番人気2着 ミライヘノツバサ
毎日杯 7番人気3着 キセキ
フラワーカップ 8番人気2着 シーズララバイ
弥生賞 8番人気2着 マイスタイル
阪急杯 7番人気1着 トーキングドラム
中山記念 8番人気2着 サクラアンプルール
共同通信杯 6番人気2着 エトルディーニュ ←有料旧読者へ送信
京成杯 7番人気2着 ガンサリュート
フェアリーS 7番人気3着 モリトシラユリ

重賞の穴馬は無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PC・スマホ) 「重賞激走穴馬!!」(←ガラケー・空メールで登録可))でお届けします。

 
[マーメイドS 消えた人気馬]

2016年
1番人気4着ジュンドルボン:
2番人気5着ハピネスダンサー:
3番人気6着レッドオリヴィア:距離実績がなく、能力的にも足りなかった。
4番人気9着ナムラアン:

2015年
2番人気8着:リラヴァティ:
3番人気9着アースライズ:
4番人気6着イリュミナンス:後方からレースをするも前の馬をさばけず。
5番人気15着バウンスシャッセ:脚を余し、56キロを背負っていた。

2014年
3番人気4着アイスフォーリス:
4番人気10着ウエスタンレベッカ:前走で復帰してから、このレース後も結果を残すことが出来ず、精神的な面も影響か。
5番人気9着ブリッジクライム:

2013年
2番人気4着ピクシープリンセス:
3番人気7着ハワイアンウインド:
4番人気5着マイネオーチャード:直線が長いコースの方が合ったようで、コースが敗因か。
5番人気9着エーシンメンフィス:

2012年
2番人気14着スマートシルエット:2200mで勝っているが距離長く、スタミナが要求される馬場と厳しいペースで先行したことが堪えた。
3番人気4着シースナイプ:
4番人気8着アグネスワルツ:ペースが上がって前でレースをする馬に厳しい状況であった。
5番人気5着アカンサス:午後になり回復するも悪化した馬場が堪えた。

2011年
1番人気7着アスカトップレディ:
3番人気4着イタリアンレッド:長期休養明けで2戦目。上積みの余地があったか。
4番人気11着ラフォルジュルネ:休み明けでプラス14キロ。能力的にも足りなかった。
5番人気13着プロヴィナージュ:

2010年
1番人気4着ニシノブルームーン:
2番人気5着ヒカルアマランサス:
5番人気13着ブラボーデイジー:馬体に余裕があり、前走、このレースともプラス6キロと体重が増えていた。

2009年
1番人気4着ベッラレイア:56キロを背負っており、午前中はやや重で苦手な道悪が敗因。
3番人気10着ザレマ:
5番人気8着ムードインディゴ:プラス10キロと体重が増えていた。

[マーメイドステークス 穴馬好走要因]

2016年7番人気2着ヒルノマテーラ:前走1600万条件で4着に敗れており、斤量が51キロと軽かったが、その後OP特別を勝っており能力自体もあった。出走馬のレベルが低かったことも追い風に。

2015年8番人気1着シャトーブランシュ:前日は降雨があり、芝はやや重で行われていたが、時計のかかる馬場が追い風に。53キロで斤量の恩恵はなかったが、重賞やオープンでもある程度好走しており、能力的に通用しえた。

2015年10番人気3着パワースポット:やや馬体に余裕を感じさせたが、父スズカマンボという血統で、元来そういった体型をしている面もある。前々走はマイナス18キロで状態が落ちていたか。前走はプラス16キロと増えており、このレースではマイナス4キロ。適正体重に戻っていたよう。

2014年13番人気2着コスモバルバラ:有料メルマガで本命推奨。2000mで2勝と条件はほぼベストであった。1000万条件勝利の実績しかなかったが、50キロで出走しており、斤量の恩恵があった。

2013年10番人気2着アグネスワルツ:有料メルマガで自信の穴馬推奨。2000mはベストの距離で阪神は走り、前走都大路Sは約8か月ぶりのレースでレースをつかわれた上積みがあった。

2012年7番人気2着クリスマスキャロル:有料メルマガで本命推奨。調教の内容がよくA評価としたが、出来のよさとともに展開が向いたことも好走の要因。

2012年10番人気3着メルヴェイユドール:近走結果が出ておらず能力は足らなかったが、展開とともに50キロという軽量も好走の要因。

2011年7番人気2着ブロードストリート:前走ヴィクトリアマイル(芝1600m)、前々走中山牝馬S(芝1800m)はともに距離が短く距離延長がプラスに。当日プラス10キロと減り続けていた体重も戻っていた。良馬場で行われたがレース当日は馬場が荒れており、1000m通過後ペースが上がった事が好走の要因。

2011年13番人気3着アースシンボル:休み明けでプラス10キロという体重増があったが、前走で解消されていた。父トウカイテイオー、母の父リアルシャダイという重い血統で、スタミナが要求される馬場と急激なペースアップが追い風に。

2010年14番人気2着セラフィックロンプ:51キロで勝利した愛知杯はあったが、この年に入りG2の京都記念やOP特別の白富士Sでも掲示板に入り僅差のレースをしており能力の減退はなかった。

2008年10番人気2着ピースオブラブ:有料メルマガにて自信の穴馬推奨。馬場が悪化したことが影響してか斤量が重い馬は人気を裏切る結果となった。

2008年12番人気1着トーホウシャイン:500万条件勝ちの実績しかなく、前走まで1000万条件のレースでも敗れ続けていたが、父スペシャルウィーク、母の父シルバーホークというスタミナ血統で重馬場が追い風に。前半1000mよりも後半1000mの方が2秒以上遅い消耗戦で斤量のアドヴァンテージが最大限に生きる結果となった。

 

函館スプリントSとユニコーンSの穴馬と危険な人気馬の情報は、もうひとつの無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←PC・スマホ)「重賞注目馬と穴馬データ」(←ガラケー・空メールで登録可)でお届けします。