穴馬 予想

フローラS 予想 穴馬の特徴は?

更新日:

マイラーズカップ出走馬で状態のいい馬競馬ブログランキング(←35位くらいの備考欄)へ更新

天皇賞(春)などG1レースの穴馬(有馬記念10番人気2着オーシャンブルー、阪神JF15番人気2着クロフネサプライズなど激走)は、このメルマガではなく独自配信の無料メルマガ(←コチラ)でお届けします。

メールを送信頂き、穴馬がまだ届いていない方は再送いたしますので、再度メールを送信してください。

アドレス等、詳細はサイト(←コチラ)をご覧ください。

Twitter(←フォローお返ししています)へ多くの読者の方から、的中報告(←コチラ)を頂戴しました。

心よりお礼を申し上げます。ありがとうございました。

[フローラS 穴馬好走要因]

2012年18番人気3着ダイワデッセー:前半1000m62秒1、後半59秒9とかなりのスローペースで推移し、勝ち馬を除けば前残りの結果に。

2011年9番人気1着バウンシーチューン:調教の動きが抜群でA+評価とし、本命推奨。母の父は東京で強いトニービンであった。

2011年15番人気2着マイネルソルシエール:それほど好材料はなかったが、ロージズインメイの産駒は道悪で走る馬が多く、その点が激走した最大の要因。

2006年10番人気1着ヤマトマリオン:芝で未勝利のため評価は低かったが、芝でも2着があった。前々走チューリップ賞は距離不足で、前走忘れな草賞では後方からレースをしていたが、ペースが落ち着いてスローの瞬発力勝負となり脚を余す結果になっていた。

2006年8番人気2着ブロンコーネ前半1000m1分1秒5とペースが落ち着き、1枠1番からスムーズなレースが出来たことが好走要因。父ブライアンズタイム、母の父トニービンという血統で、距離延長に対応出来る血統でもあった。

2003年14番人気1着シンコールビー:前走まで結果が出ていなかったが、一変する結果に。初勝利を挙げるまでに8戦を要したが、レースをつかわれてよくなる馬のようで、休み明け3走目でレースをたたかれた上積みが非常に大きかったことが人気薄での激走の要因。

マイラーズカップの穴馬は、「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)から配信させて頂く予定です。

競馬ブログランキングへ

-穴馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2021 All Rights Reserved.