穴馬 予想

フェブラリーS 穴馬は? 出走馬 前走までのポイント(1)

更新日:

1日1回のクリック協力をお願い出来れば幸いです。

にほんブログ村 トラコミュ 重賞・メインの予想へ
重賞・メインの予想

[フェブラリーS調教推奨馬]
人気ブログランキング(←現在54位くらい)…フットワークに素軽さと柔らかみがあって内容は良好。かなり人気はないと思われるが、最終追い切りなども注目したい。
FC2 Blog Ranking(←現在62位くらい)…全体的に動きがシャープで力を出せる状態にありそう。

○ JCダート トランセンド
レースの条件が変わってから2レースしか行われていないため軽く触れたい。
過去の前半800m後半800mレース時計を比較すると下記のよう。
2010年 (やや重) トランセンド 1.48.9  前半47.9 後半48.9
2009年 エスポワールシチー 1.49.9  前半48.8 後半49.2
2008年 カネヒキリ 1.49.2  前半48.4 後半49.0
今年は前半800mの時計が48秒をきっており、過去2年よりもペースが速かったが、馬場状態がやや重で行われていたことも影響している。
2009年はややペースが落ち着いたようだが、今年はそれよりが若干速く、2008年と同じ位の水準であったと思われる。
シルクメビウスは出来がよかったものの、いかんせん4コーナーでやや外にふくれて大外を回るレースでは届きようがなかった。

○ 武蔵野S グロリアスノア 1.36.6
また、例年前半800mが45秒台から47秒台で推移するが、今年は48秒2と非常に落ち着いた流れとなった。
元来先行馬有利の条件であるが、この流れであれば後方から競馬をした馬の出番はなく、先行して2着に入ったダノンカモンなども評価を割り引いて考える必要がある。

○ みやこS トランセンド 1.49.8
レースの適性にくわえ、状態がよく調教の内容などからトランセンドを本命に推した。
スタートもよく逃げて勝利したが、配信の馬体によるでもお伝えしたとおり、これ位のペースが合う。
ただ、過去の平安SやアンタレスSの前半800mの時計をみると、48秒台で推移することが多いが、今年は48秒1と平均ペースに近く、やはりレースの内容としては水準レベル。
穴馬はメルマガでお届けしています。共同通信杯の穴馬ユニバーサルバンクが2着に激走!!
きさらぎ賞8番人気2着リキサンマックス、東京新聞杯7番人気2着キングストリートも激走!!
無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)
無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←携帯の方)
無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PCの方)
無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←PCの方)
2つのメルマガを配信。広告のみの配信はほとんどしていません。
血統騎手情報、G1レース考察は裏サイト(←パスワードのみ入力で閲覧可能)でもご覧頂けます。
数字4ケタのパスワードはJRANK 競馬BLOG (←現在20位くらい)で。

-穴馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2020 All Rights Reserved.