競馬 予想

フェアリーS 予想 トーセンベニザクラ考察

更新日:

有馬記念は推奨穴馬9番人気トゥザグローリーが3着に激走!!

重賞の穴馬はまぐまぐでお届けしています。ねつ造はありません。バックナンバーでご確認頂けます。

「重賞激走穴馬!!」(←PCの方) 「重賞激走穴馬!!」(←携帯の方)

 有馬記念9番人気3
着トゥザグローリー、ジャパンカップ14番人気ジャガーメイル、ステイヤーズS6番人気イグアス2着、アルゼンチン共和国杯8番人気3着カワキタコマン
ド、シリウスS5番人気1着ヤマニンキングリー、ローズS10番人気2着マイネイサベル、新潟記念9番人気2着サンライズベガなどが激走!!

※ 配信では下記のような考察とともに穴馬をお届けしています。

トーセンベニザクラ
※ 下記は阪神JF時の考察

「父ダイワメジャーはパワータイプで力強さが武器であったが、この馬は柔軟で重心の低いフットワークをしており、非凡な瞬発力を感じさせる。

馬体をみても胴長で手脚が長く、走法や体型などをみると、サンライズマックスによく似ており、父系のサンデーかと思ったが、母の父ダンシングブレーヴの特徴が強く出ているよう。

上半身と後肢のつくり、つなぎの角度から距離延長にも対応可能で、2000m以上の距離も問題ない。

体型や走法などから広いコースの方が向き、このレースで必要とされる決め手がある点からもレースの適性は高い。

馬体をみると状態面でそれほど強調材料はないが、調教の反応は良好でこの馬が最もよくみえた。

頭の小ささや全体の実の入りから素質もまずまず高く、完成度も申し分ない。

前走で赤松賞を勝っているが、[重賞データ]でも触れたとおり、過去の赤松賞を勝ってその後重賞レースで活躍した馬をみると、2010年ダンスファンタジ
ア、2009年アパパネ、2008年ダノンベルベール、2003年ヤマニンアラバスタなど、上がり最速の脚をつかい2着にある程度の差をつけていた。

この馬はハナ差の辛勝であったが、4コーナー11番手と後方からレースをすすめたことも影響しており、上がり最速の33秒2という脚をつかい、他の上位の馬と比較すると際立ったものであった。

未勝利を脱出するまでに時間はかかったが、位置取りにバラツキがあり、気性的な面などに問題があったと思われ、底をみせていない点も魅力。」

フェアリーSの穴馬は配信完了。こちら(←PCの方)か、こちら(←携帯の方)でご覧下さい。

レース回顧や出走馬の考察はもうひとつの無料メルマガでお届けしています。
「重賞注目馬と穴馬データ」(←PCの方) 「重賞注目馬と穴馬データ」(←携帯の方)

-競馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.