穴馬 予想

ニュージーランドトロフィー 考察

更新日:

阪神牝馬Sの穴馬などは後ほど、無料メルマガ(←コチラ)でお届けします。
キングレオポルド
※ 下記は朝日杯FS時の考察
「薄手ながら丸みを帯びた筋肉や皮膚の質感などは良好。
ただ、悪くないバランスをしているものの、胴が少し長すぎる点はマイナス。
また、フジキセキの産駒に多いような気がするが、腰の部分に甘さがある点はマイナスでここが最大の弱点。
改善されるかどうかは微妙であるが、もし良くなってくれば、古馬の重賞でも通用する。
他の馬と比較しても、筋肉の付き方などは悪くない。
後肢と前肢のバランスが6対4くらいでスラっとした体型からもしまいの決め手で勝負をする馬。
ある程度前目の位置で競馬をするのは、気性的な問題があるためと思われる。
直線の腰の甘さから平坦の方が力を発揮できると思われ、血統的な部分からも距離は2000mまでがいいと感じる。
これから良くなってくる余地を残しているが、マイルであれば重賞レベルの力を持っていると感じる」
サンライズプリンス
※ 下記はスプリングS時の考察
「前走ビオラ賞は2着馬に0秒6の差をつける大勝。
筋肉のボリュームが乏しく完成度はやや低めであるにもかかわらず結果を残しており、素質は高い。
今回毛ヅヤが良好で馬体を全体的にすっきりとみせており、力を出せる状態にあると感じる。
ただ、手脚や胴の長さから東京や京都外回りコースなど直線が長いコースや、中京芝2000mのような決め手が要求されるコースで力を発揮できるタイプの馬。
距離は1600mから2400mまではこなせる馬であるが、後肢がやや貧弱で中山の坂が堪える可能性もある。
また、[重賞データ]の脚質の項目でも解説した通り、前走などで速い上がりをつかっていたキレを生かすタイプの馬は、このレースでは器用さを欠いて後方からの競馬となりやすく、その点からも人気を裏切る可能性がある。
まだまだ良くなる余地を残している点からも今後注目していきたい。」
コメントなどあればツイッター(←コチラ)でお願いいたします。
読者の人が増えてきたら、データや穴馬などより情報を還元していきますので、ランキング(←こちら)のクリックもよろしくお願いいたします。

-穴馬 予想

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2018 All Rights Reserved.