競馬 予想

チューリップ賞のレースレベルは?

投稿日:

読者が増えていけば、より多く穴馬をお届け出来ます。

情報がお役に立っていれば一日一回、競馬 ブログランキングのクリックをお願いいたします。

 

 

弥生賞は「重賞激走穴馬!!」(←PC・スマホ) 「重賞激走穴馬!!」(←ガラケー・空メールで登録可))でお届けした穴馬8番人気マイスタイルが2着に。

阪急杯は7番人気トーキングドラムが勝利、中山記念は8番人気サクラアンプルールが2着に激走!!

 

○ チューリップ賞 回顧

改装後過去10レースのタイム、前半800m後半800mの時計をみると、2007年は後の最強牝馬ダイワスカーレットが逃げたため47秒6というペースで推移しているが、基本的には48秒台から47秒台後半で推移している。

2017年は前半800m46秒4とペースが上がっていた。レース前に前半800mと後半800mが同じか、前半800mの方が時計の速いハイペースであれば、ガチガチの結果となる可能性が高まるとお伝えしたが、阪神JF上位2頭が馬券に絡む結果に。

2017年 ソウルスターリング 1.33.2  前半46.4 後半46.8

2016年 シンハライト 1.32.8  前半46.8 後半46.0

2015年 ココロノアイ (重) 1.37.7  前半48.5 後半49.2

2014年 ハープスター 1.34.3  前半47.3 後半47.0

2013年 クロフネサプライズ 1.34.9  前半48.0 後半46.9

2012年 ハナズゴール 1.35.5  前半48.0 後半47.5

2011年 レーヴディソール 1.34.5  前半47.7 後半46.8

2010年 ショウリュウムーン (重) 1.36.1  前半48.3 後半47.8

2009年 ブエナビスタ 1.36.1  前半48.6 後半47.9

2008年 エアパスカル 1.35.8  前半48.7 後半47.1

2007年 ウオッカ 1.33.7  前半47.6 後半46.1

2009年にブエナビスタが、2着に0秒2の差をつけて完勝しているが、こういった勝ち方をしている馬がいれば本番の桜花賞でも通用する可能性が高い。

2着に0秒3差をつけて勝利したソウルスターリンは評価せざるを得ない。

また、ソウルスターリング以外の馬をみても、ペースが上がったことが響いて敗れていた馬がいたが、今後重賞で通用しえる素質を感じさせる馬が何頭かいた。

今年はソウルスターリングがアイビーSでアーリントンカップを完勝したペルシアンナイトに勝利している点からも質は高いことは間違いない。

2着ミスパンテールはペースが上がって決め手が生き、前でレースをした実力馬に不利な流れとなったことも追い風になったか。

人気を裏切ったダノンディーヴァは過剰な評価であったため、馬券の対象から外した。

 

オーシャンS、弥生賞の回顧、フィリーズレビュー、中山牝馬ステークスの穴馬は無料メルマガ「重賞激走穴馬!!」(←PC・スマホ) 「重賞激走穴馬!!」(←ガラケー・空メールで登録可))でお届けします。

弥生賞 8番人気2着 マイスタイル
阪急杯 7番人気1着 トーキングドラム
中山記念 8番人気2着 サクラアンプルール
京成杯 7番人気2着 ガンサリュート
フェアリーS 7番人気3着 モリトシラユリ
武蔵野S 8番人気1着 タガノトネール
スワンS 8番人気2着 サトノルパン
セントウルS 9番人気3着 ラヴァーズポイント
新潟記念 9番人気3着 ロンギングダンサー
北九州記念 8番人気1着バクシンテイオー
中京記念 7番人気1着ガリバルディ
マーメイドS 6番人気1着リラヴァティ
安田記念 8番人気1着ロゴタイプ
福島牝馬S 14番人気1着マコトブリジャール
チューリップ賞 10番人気3着 ラベンダーヴァレイ
アーリントンカップ 9番人気2着 ダンツプリウス
ローズS 7番人気1着 タッチングスピーチ
京成杯AH 13番人気1着 フラアンジェリコ
新潟記念 13番人気3着 ファントムライト
札幌2歳S 8番人気3着 クロコスミア
アイビスSD 9番人気2着 シンボリディスコ
函館2歳S 10番人気3着 ヒルダ
ヴィクトリアマイル 12番人気2着 ケイアイエレガント
マイラーズカップ 8番人気1着 レッドアリオン

Twitter(←クリック)では競馬ネタや競馬のニュースを中心につぶやいています。

読者の方から的中報告(←こちら)を頂戴しています。

 

中山牝馬ステークス、フィリーズレビューの穴馬と危険な人気馬の情報は、もうひとつの無料メルマガ「重賞注目馬と穴馬データ」(←PC・スマホ)「重賞注目馬と穴馬データ」(←ガラケー・空メールで登録可)でお届けします。

-競馬 予想
-,

Copyright© 馬体予想 穴馬予想 , 2017 All Rights Reserved.